千里の道はテントから

テント泊でつなげる山旅

さあ出発!

最初の3週間分の食料は準備した。

最初の区間であるカナダ国境からの1週間分はザックの中にしまった。

進む先に送る荷物もすでにダンボールに入ってるので、その表面には住所を書いて、ETA(自分が到着する日にち)も書いた。

予定通りにはならないかもしれないが、国内でやっておくべきことはやっておこうと思った。

 

自分の荷物がすぐにわかるように、ダンボールの表面にはトトロの絵を描いておいた。

これで、間違えることは無いだろう。

トトロはトレイルネームだ。トレイルを歩いてる時の名前で、互いに本名でなくてトレイルネームで呼び合う。

アニメのトトロなら知ってる人もいるかも知れないし、呼びやすい名前だと思い決めてある。

 

 

携帯電話(スマホ)の準備

 

前回、アリゾナに行った時はソフトバンクのアメリカ放題を利用した。

しかし、よく調べると歩く先のカバー率が悪い。

そこで今回はSIMカードを購入した。

f:id:mayoiku:20190604130010j:image

山の中では当然つながりにくいが、ソフトバンクのアメリカ放題利用ではなく、AT&TのSIMカードを使うことで、自分が生きてるという連絡をちゃんとできると思う。SIMフリー化できるようになって良かった。

(実は実際に歩いていてワイオミングの田舎町で、AT&Tはつながり難かった。Varizon〈ベライゾン〉を持ってる人はワイオミングでも通話できていた)

 

 

Varizonという通信会社が一番エリアが広いようだが、使い方がよく解りづらいのでやめて、ほぼ同じようなエリアカバー率のAT&Tに決めた。

日本語のサポートがあるのがいい。

h2o Wireless Japan (Yellow Mobile)という会社のもの。Amazonで購入。

 

f:id:mayoiku:20190604222805j:image

AT&Tの回線につながるようにするために、ます行うのがH2O Wirelessのページにアクセスして、開通の手続きをする必要がある。

 

電話番号も新たに取得できるようになる。申請してから時間が必要なので前日に行った。

(当日でも大丈夫みたいだが・・)

 

ともかくSIMカードの変更は初めてなので慎重に早めに行った。申請したのが夜だったせいだろうか、開通処理完了のメールは新たな電話番号の連絡とともに翌日の9時頃に来た。

たぶん、社員が出勤したんだろうな・・

 

そして、すぐに自宅の Wifi 環境で安心できるうちにiPhoneの中にh2o のプロファイルをインストールした。

f:id:mayoiku:20190605093653j:image

再立ち上げした後、SIMカード"を差し替える。

いったん抜いてしまうとどちらがどちらかわかりづらい。でも、よく見ると模様が違う。

さて、どっちだったかな?

 

正解のSIMカードを指すと、Apple IDの確認画面が立ち上がって、IDとパスワードを入力して、さらにiPhone本体で日頃使ってるパスワードを入力して終了した。

 

この時点から日本の通信網にはつながらずWifiだけの利用となった。

空港に行けばWifiもあるし、移動中使えなくなるが問題はない。

空港でやってもいいかもしれないが、SIMカードをどこかに落としてしまいそうなのでやめた。

元のSIMカードは大切にザックの中にしまった。

 

世の中、便利になったもんだ!

誰でもスマホさえあれば海外へとハイキングに行ける時代が来た。

 

f:id:mayoiku:20190605095311j:image

さあ、行こう!

f:id:mayoiku:20190605183934j:image