千里の道はテントから

テント泊でつなげる山旅

アリゾナトレイル2日目(雨と寒さのアリゾナトレイル)

初日から雨にたたられ、2日目も雨となった。

アリゾナに砂漠で水が少ない心配をしていたのが正しかったのか戸惑う。

そして、雨の中、いきなり渡渉となる。

f:id:mayoiku:20180108011330j:plain

砂漠はどこに行った?

そう思いながら雨の中の歩き。渡渉では靴の中まで濡らしてしまった。

歩いてないと寒くなる。

f:id:mayoiku:20180108011347j:plain

途中、行動食を食べた。フェニックスにいた時に購入したものだ。日本人の自分でも美味しく感じたのは疲れたからか?

f:id:mayoiku:20180108011424j:plain

時折、このようなゲートがある。開けたら通過してしめるの繰り返し。

歩いてるとトレイル上には2人くらいの足跡がところどころに残ってた。

こんな雨の中を歩くのは自分だけでは無いと思うと心強かった。

f:id:mayoiku:20180108011456j:plain

トレイルヘッド通過。それにしてもひどい雨。体温を奪われる。

行動中は食事は満足に取れず、立ったままクラッカーなど食べるくらいだった。

f:id:mayoiku:20180108011513j:plain

でも、アリゾナトレイルを歩いてるんだと実感する。

f:id:mayoiku:20180108011542j:plain

これは水場となっている。

どう見ても牛か馬用に見える。

f:id:mayoiku:20180108011604j:plain

おそらく、ここは普通は水の無い場所。雨の激しさを物語る。

f:id:mayoiku:20180108011644j:plain

登りに差し掛かり、どんどんと寒くなったあたりで2つのテントを見つけた。

中から声がしたので、挨拶をしたら彼らはアリゾナトレイルのスルーハイカーだった。

雨で寒くて今日はここに泊まると言っていた。

疲れて気持ちはメゲていた自分だったが、彼らと別れて先に進む。

雨のせいで荷物も重い。

 

 

f:id:mayoiku:20180108011733j:plain

今日の最高地点を超えて林道あたり。

トレイル上の道しるべ、柱の部分にアリゾナトレイルのマークがあるので迷わず進む。

f:id:mayoiku:20180108011746j:plain

これは川ではなく林道。なんてこった!

テントサイトを探しながら歩いてるのだが、中々見つからないので越えて前に進む。

f:id:mayoiku:20180108011812j:plain

ここは別のRogers Trough トレイルヘッド(登山口)。見事な川に見えるが、本来なら水はない。

f:id:mayoiku:20180108011828j:plain

ここではレジスター(登山届けみたいなもの)がある。

 

この場所付近で平らな場所を見つけてテントを張るが寒さで震える。低体温症になりそうだ。

f:id:mayoiku:20180108011844j:plain

寒さで仕方なくテント内でアルコールストーブを使い温める。たまたま熊から食料を守ろうと持っていた大きな缶が役に立った。

ところが、しばらくすると目が痛くなる。オートバックスみたいな店Auto Partsで買った水抜き剤はテント内で使ってはダメだ!

喉も痛い。

首だけテント外に出して湯を沸かし食事を取った。

こんな時にはガスストーブの方が便利だと感じる。もちろんガスストーブもテント内で使ってはいけないのだが・・

 

湿った寝袋の中、寒さに耐えながら夜を過ごした。

この先が思いやられる。