マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 82〜84日目 ワイオミングの砂漠(後半)

こんにちはマヨジーです。

 

木のほとんど無いワイオミングの砂漠の後半だ。

さらに、水場が少なくなってくる。

重い、暑い、砂のような道の歩きにくさが増してくる。

 

8月31日(土)

 

f:id:mayoiku:20190903045636j:image

テントを撤収しめ、朝の準備をして歩き出す。この時は涼しい。

 

f:id:mayoiku:20190903045730j:image

この付近、林道は砂のような地面で、歩きにくい。

砂は前に進む力を取り去る。

なので、トレイルの脇を歩く。

 

f:id:mayoiku:20190903045721j:image

天然ガスなのか?

 

f:id:mayoiku:20190903045654j:image

これは水のためのようだ。下に水道管があるのだろうか?目的はわからない。

 

f:id:mayoiku:20190903045806j:image

ずっと変わらない景色を進む。木が全然無いから日影を期待はできない。午前中から気温が上がって来ている。標高が下がった分だろうか、昨日より暑い。

 

f:id:mayoiku:20190903045741j:image

他のハイカーと歩いていて、今日の唯一の水場に着いた。Electric Well 。電気で汲み上げている。

この後、16マイル(約25km)先にある水場は濁った水のようなので、32マイル(約50km)先で水を補給する計画だ。そこに着くのは明日の夕方だろう。

 

f:id:mayoiku:20190903045616j:image

ここでは牛達も水を飲みに来てる。俺たちの水を飲むな〜とでも言ってるような悲鳴をあげて、こちらを睨んでる。

 

水を補給して満足したハイカー達は重くなって歩き出す。

しかも、暑くて逃げ場がない。

 

午後もひたすら歩いた。

f:id:mayoiku:20190903045605j:image

気温が上がってきて、今日は流石に辛い1日だった。

暑さで気力も下がり、写真を撮るのも減ってしまった。

 

今日の距離:22.5マイル(36km)

 

9月1日(日)

 

f:id:mayoiku:20190903045748j:image

暗いうちに準備をしだす。涼しい朝のうちに歩きたいからだ。

 

f:id:mayoiku:20190903045735j:image

朝のうちは遠くに少しの雲。この後、雲ひとつない天気になる。

 

f:id:mayoiku:20190903045630j:image

水場としてGuthookのアプリ内で案内されてた場所。濁り方が不味そう。

Guthookのコメントで止む無く使った人もあったが、とても使う気になれない。

そのことも考えて多く持っている。

 

f:id:mayoiku:20190903045725j:image

同じポイントのもう一つの水場はカラカラ。

昨日の水を大切に飲みながら歩く。できるだけ口呼吸はしないようにした。鼻は塞げない。

飲むときも口の中に含んで、ゆっくり吸収した。

 

f:id:mayoiku:20190903045648j:image

骨はよく見るが、毛がついてることから茶色の牛らしい。何故、ここで命を失ったのだろう?

 

f:id:mayoiku:20190903045800j:image

代わり映えのないトレイル。暑さ、喉の渇き、我慢を強いられる歩きだ。

 

f:id:mayoiku:20190903045641j:image

この付近からサボテンが多くなって来た。

 

f:id:mayoiku:20190903045622j:image

途中で休憩。今日の夕方までの水の量。

暑いので、結構飲んでいる。だいたい3時間で1リットル近い。飲んだのに、喉が渇いてる。

 

f:id:mayoiku:20190903045754j:image

干からびた地面。硬い地面だ。

 

f:id:mayoiku:20190903045708j:image

今日はいったん道路に出る。

あまりに暑いので、ヒッチハイクでRawlinsの街に行きたくなるが、我慢、我慢!

 

f:id:mayoiku:20190903045715j:image

夕方になり、念願の水場に着いた。前回の水場から32マイル(約50km)だった。

ハエが多いから不安になるが・・

 

f:id:mayoiku:20190903045611j:image

缶の中は透明な水がある。透明というのは気分的にいい。

蛾やアリなどの虫がたくさん浮いてたので、取った後撮影。

 

f:id:mayoiku:20190903045701j:image

この水場はCDT用に管理されてる。ソーラーを使ってくみ上げてるようだ。

水を補給できるか心配してたが、充分な水を手に入れると安心する。

 

 

その後、この辺りでは珍しく木のある場所に移動して泊まる。

f:id:mayoiku:20190904111357j:image

暑さで疲れた。

 

今日の距離:19.3マイル(30.9km)

 

9月2日(月)

 

今日は10マイルを歩いてRawlinsに着く。

朝早く出て、10時にはRawlinsに着くのを目標にした。

 

f:id:mayoiku:20190903055829j:image

f:id:mayoiku:20190903054948j:image

砂漠に日が上がり出す。

できることなら、日がささないで欲しいと思いながら歩く。

 

f:id:mayoiku:20190903055016j:image

牛の柵を越えて振り返って見ると、どうやら私有地を歩いてたようだ。

f:id:mayoiku:20190903055101j:image

足が長く見える瞬間。


f:id:mayoiku:20190903055107j:image

どんどん暑くなる頃に道路が見えてきた。
f:id:mayoiku:20190903055044j:image

道路を進むとRawlinsの街が見えてくる。

砂漠から解放はれて、街に着くのは嬉しい。
f:id:mayoiku:20190903055112j:image

街に入ったが・・
f:id:mayoiku:20190903055049j:image

彼らも山からやって来たようだ。

何が欲しいんだ?


f:id:mayoiku:20190903055054j:image

そのまま、マクドナルドに入る。

Breakfast メニューの時間に間に合った。というより、AT&TがつながらないのでWi-fi 目的だ。

 

ここで、Booklng.comでモーテルを予約して少し休む。一番安いモーテルを選んだ。

 

その後、予約した1st Choice Rawlins に移動した。

砂漠は意外と疲れたので、明日と明後日はゼロデーにしようと判断。年寄りには暑さはキツイと感じた。

 

今日の距離:10マイル(16km)

 

 

おわり