マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 3日目 CDTハイカーに会う。

こんにちはマヨジーです。

 

6月13日(木)

トレーニングに来てる人たちが起きる前、4時半に起きて5時20分頃に歩き出した。明るくなって丁度良い時間だ。

今日はいきなり登りで雪のトラバースもあるから早めにスタートした。

 

歩き出すと日差しが山に辺り出して美しい。

f:id:mayoiku:20190618042109j:image

道行く花も美しい。

f:id:mayoiku:20190618043113j:image

これはつくしんぼの化け物か?

f:id:mayoiku:20190618042004j:image

なんだかわからぬまま先に進む。

 

すると雪渓の洗礼だ。

f:id:mayoiku:20190618042231j:image

ここはバランスとって歩きわたる。緊張した。

 

おっと岩肌の急斜面に現れた雪渓は手強そうだぞ!

f:id:mayoiku:20190618043255j:image

なんとか弱点を探して通らなくては!

 

と思ったら

f:id:mayoiku:20190618041723j:image

雪渓のトンネル。ちょうど人が通れるくらいに空いていた。

 

ここも緊張した場所。

f:id:mayoiku:20190618041738j:image

岩の上を登りやり過ごした。

しかし、先に見える滝のシャワーを浴びてしまった。

 

大変なことばかりではない。

Gopher が現れる。

(テントサイトで教えてもらったが日本での言い方わからない)

f:id:mayoiku:20190618043331j:image

でも近づくと隠れてしまった。

すぐに穴に隠れる習性はモグラタタキというゲームに応用されたらしい。

 

そこで、「How are you」と挨拶する。

なんと、マヨジーの拙い英語が通じたようだ!

f:id:mayoiku:20190618041731j:image

挨拶に現れてくれた。

 

去って後ろを見ると遊んでいた。

f:id:mayoiku:20190618042101j:image

たぶん遊んでるのを邪魔しちゃったようだ。

 

先に進むとリスも隠れたので、「How are you!」

f:id:mayoiku:20190618043142j:image

おい、近づき過ぎだぞ!ピントが合わなくなるじゃないか!

 

挨拶が終わって去っていった。

f:id:mayoiku:20190618042641j:image

 

挨拶をしてみるもんだ。

 

楽しいまま、そして日が当たる前の涼しい時間に峠に着いた。

f:id:mayoiku:20190618043519j:image

ここから下りだ。北斜面なので雪が多いだろう。

f:id:mayoiku:20190618043412j:image

思った通り雪の上を歩くことになった。

トレイルはどこだかわからないので勘。

じゃない、ルートファインディングだ。

高度な技術を駆使して徘徊する。

次第に雪が少なくなりトレイルがわかるようになった。

 

f:id:mayoiku:20190619210046j:image

これはブロッコリーに似てるな。

お腹が空いてきたせいか見るものが食べ物に見えてくる。

 

先ほどのつくしんぼの化け物は花だった。

f:id:mayoiku:20190618042148j:image

道脇に目立つように白く咲く。

 

10時過ぎ。

なんとハイカーが逆方向から現れた。

なんとなくCDTっぽい。

なので聞いてみると南下中のCDTハイカーだった。

彼の名はスペンサー。オハイオ州から来たという。

20代の若者だった。

この先、彼は自分の踏み跡を、自分は彼の踏み跡を確認しながら歩くことになる。

 

その後、川べりで食事をとった。

f:id:mayoiku:20190618042538j:image

お腹空いたからアルファ米2個分。
f:id:mayoiku:20190618041854j:image

それにマヨネーズ。
f:id:mayoiku:20190618043205j:image

しめはコーヒー。

 

ゆっくりできた。

今日は時間的に余裕ある日だ。

ここでソーラー充電も行なったが、今日は効率が良い。

 

ゆっくり歩いてると山のメンテナンスをしてる4〜5人の人たちがいた。

この人たちがいるということは、この先は困難な場所はないという証だ。

 

メンテナンスしてる場所を過ぎると、いきなり現れた山火事の跡だ。

f:id:mayoiku:20190618041828j:image

この景色はずっと続いた。

山火事跡の写真は見たことあるが、今こうしてこの中を歩いてると異空間に来た感じになった。

自然の摂理だから、仕方ないのだろうが、それにしてもすごい。

f:id:mayoiku:20190618042128j:image

 

先に進むと川が現れた。

先ほどの人たちが来れたのだから橋があるはずだ。

思った通り!渡ろう。
f:id:mayoiku:20190619210158j:image

この橋、意外と揺れる。

日本の吊り橋が揺れるといっても、この橋ほど揺れないだろう。

 

 

f:id:mayoiku:20190618041759j:image

湖に着き、1個目のキャンプ指定地。

ここからの景色は美しい。

f:id:mayoiku:20190618041742j:image

 

少し進んだ場所のキャンプ指定地。

ここに泊まる。

Red Eagle Lake Campground

f:id:mayoiku:20190618041928j:image

ここも、区分けがされている。
f:id:mayoiku:20190618044505j:image

標識の裏側に厳かにCDTマーク。

 

先客がいた。

たぶん、先ほどのメンテナンスの人たちかもしれない。しかし人がいないで荷物だけある。

 

f:id:mayoiku:20190618042118j:image

今日はこの景色の良い場所で寝る。

本来、森だった場所が火事で木が無くなったため暑い。日陰が欲しい!

ハミングバードも飛んできたが暑そうだ。

 

暑い中で壊れてきたサコッシュの紐を修理する。

もちろん裁縫道具持ってきた。

f:id:mayoiku:20190618042756j:image

でも、白い糸しかなくて目立つ。

 

 

日陰が欲しいという思いが通じたようだ。

雲が張り出してきた。気のせいか雷みたいな音も聞こえる。そしてどんどんと大きな音になり判明した。雷だ!

まだ音は遠いいから今のうちに夕飯にしようということになった。

急いで食事してテントに戻ったら、雷の音は遠のき消えた。雨は少しだけだった。

 

その後現れた隣人。

f:id:mayoiku:20190618042043j:image

ワシントン州から来てるという40代くらいの人。3日間をここで過ごしてる。

彼に熊を見たことあるか?と聞いてみると、彼は何回か来てるがクマは見たこと無いと言う。

しかし、昨日こここら3マイルの場所でヘラジカを見たそうだ。

うらやましい!

 

 

夜には再び雨が降り、雷が鳴っていた。

 

今日の距離:11.6マイル(18.5km)

 

 

おわり