マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 25〜27日目 痛む足で歩けるか?

こんにちはマヨジーです。

 

Butteで休養してるマヨジー。毎日、午前中の散歩が日課になってる。

果たして、CDT(コンティネンタルディバイドトレイル)への復帰はできるだろうか?

 

7月5日(金)

 

トランプ大統領の昨日の演説を見たあと散歩に繰り出す。

近くの Farther Sheehan Park。

f:id:mayoiku:20190713055918j:image

 

神父シーハンを記念して名付けられた公園。

f:id:mayoiku:20190713055610j:image

アメリカでは人の名を公園などの場所に付けるのが多いな。

 

公園を回るように歩道が設置されてて数人の人が回っていた。 

f:id:mayoiku:20190713055621j:image

その歩道脇にトレーニング用に設置された器具。

f:id:mayoiku:20190713055521j:image

これは鉄棒。

歩道をグルっと回ってから、公園を出た。鉄棒を回るのはやめた。

 

ちょっと興味があって来たショッピングモール。

何故興味があったかというと、営業してるのに駐車してる車が少ない。

f:id:mayoiku:20190713055508j:image

やっぱり空き店舗ばかりのショッピングモールだ。

f:id:mayoiku:20190713055841j:image

映画館もあるが、中に人がいるのだろうか?

 

ここを歩いてる人たちがいた。

f:id:mayoiku:20190713055743j:image

屋根があり、日が当たらないことをいいことに、お客さんがいないショッピングモールを足腰が弱らないように歩いてる。

交通事故の心配もないし、人とぶつかる心配も無い。

ショッピングモールがウォーキングの場所になってしまうとは・・

 

大きなショッピングモールは小回りが効かない。日本のショッピングモールの未来も心配になる。

 

マヨジーもショッピングモールの散歩が終わってからモーテルに戻る。

 

7月6日(土)

 

f:id:mayoiku:20190713055646j:image

2〜3時間歩いてみても再度腫れることが無いのと、痛みが強くはならないのを確認したので歩くことにした。

 

 

足首の痛みがすっかりなくなったわけでもないので、再度歩くにあたって自分なりに決め事を作った。

 

◯しばらくは1日15(24km)マイル以下で歩くこと。

◯痛みが増したらやめる。(途中ではやめられないから最初だけ)

 

そして、この先のスケジュール優先して、歩いていないBenchmarkからAnacondaまでの区間は泣く泣く飛ばすことにした。

スケジュールを優先したのには意味がある。

南下の場合、 8月中にコロラドに入らないと4000メートル級の山は秋から冬へと変わる可能性がある。

なので、途中はスキップした。

これでスルーハイクでは無くなる。でも、CDTハイカーだ。足が痛くなくなることを前提として前に進もう。

 

そしてAnacondaのトレイルヘッドから歩き出そうと計画した。

しかも、ヒッチハイクという行き当たりばったりはやめてタクシーを頼んだ。

足が順調になったら、距離を伸ばしたり、ヒッチハイクしたり、何でもやったらいい。

 

Four Mile Basin Trailhead

f:id:mayoiku:20190713081402j:image

このタクシーで送ってもらった。

沖縄に2年間いたという。少しの日本語は話せる運転手だった。タクシー代は75ドル+チップ。辛い出費だ

今日は10マイル以内の場所まで歩こうと決めて歩き出す。


f:id:mayoiku:20190713055423j:image

他の車も止まってるから、ここから歩いてる人がいるのだろう。

 

 

駐車場の場所から進んできたところ。

f:id:mayoiku:20190713055332j:image

Twin Lakes Trailhead

 

f:id:mayoiku:20190713055737j:image

足は痛むもののトレイルに戻れて気持ちよく歩く。

 

f:id:mayoiku:20190713055557j:image

初日特典!りんご。

果物を多く持てると良いが、水ものなので重いから初日のサービス。

 

f:id:mayoiku:20190713055537j:image

橋があり整備されて歩きやすいトレイル。


f:id:mayoiku:20190713055440j:image

Twin Lakesの一つ目。ここでは釣りをしてるファミリーを見かける。

 

f:id:mayoiku:20190713055633j:image

この近くのキャンプサイト(焚き火の跡があるだけ。)の端の方に普段は見かけない缶ゴミがあった。

錆びてるから最近のものでは無いだろうと思うが珍しい。

 


f:id:mayoiku:20190713055749j:image

Desert Shooting Star

砂漠の流れ星ということになるのかな?

マカロニウエスタンの題名になりそうだ。


f:id:mayoiku:20190713055416j:image

Twin Lakes 二つ目。

誰かいたが声はすれども人は見えず。

 

f:id:mayoiku:20190713055641j:image

今の時期は水が豊富でいい。

でも、ぬかるんでる所も多い。


f:id:mayoiku:20190713055835j:image

大きな岩がゴロゴロ。八ヶ岳にもこんな場所あったな。

 

f:id:mayoiku:20190713055711j:image

雪解け時期だから、こういった場所もさらに美しいのかもしれない。

 

f:id:mayoiku:20190713055135j:image

キノコ発見。

見たことないな・・

 

f:id:mayoiku:20190713055153j:image

Pretty Shooting star

先ほどのシューティングスターより小さめで色が鮮やか。

 

f:id:mayoiku:20190713055545j:image

ちょっとしたお花畑。

 

足は痛いがなんとか歩けてる。時速1.5キロ以下。

ホントにゆっくり歩いてる。何事も起こらないようにと祈りながら。また足首を捻りたくない。

 

f:id:mayoiku:20190713055930j:image

目的地に近づいてきた。

 

f:id:mayoiku:20190713055658j:image

ここが今日の目的地のStorm Lake

実はここまで車で来れる。なので、カーキャンパーが数台いた。

f:id:mayoiku:20190713055604j:image

 

静けさを求めて先に進む。

f:id:mayoiku:20190713055910j:image

いきなり雷と雨で慌てて立てたテント。

この近くではここしか考えられなかった。

トレイルのすぐ脇だ。

 

テントを立てて雨が止むのを待つと20分くらいで上がった。

晴れてる間にすぐに食事をして食料をURSACKに入れた。

 

URSACKが活躍。

f:id:mayoiku:20190713055311j:image

 

今日は足の痛みがあったものの、再度腫れることはなかった。

明日の朝になって変化してるようなら考え直そう。

 

今日の距離:9.3マイル(14.9km)

 

7月7日(日)

 

足の腫れは見られず、昨日より悪化してない。このまま行けそうだ。

今日は標高2750メートルのStorm Lake Passを越え下り、次に標高2820メートルの場所まで上がり、そして下る。

さらに標高2750メートルまで上がり下るという累積標高差は1000メートル以上という足首泣かせのコースだ。

 

準備を終えた後、雨がパラパラ降ったがテントをしまった後で良かった。テントは幸いに夜露も結露もできてない。

 

f:id:mayoiku:20190713055704j:image

先に見える峠に向かって歩き出す。

 

f:id:mayoiku:20190713080201j:image

峠への道は雪となってきた。でも、今までよりは楽だ。

 

f:id:mayoiku:20190713055244j:image

峠に着いた。標高2800メートルくらいの場所。

足首にとっては登りの方が楽。

 

f:id:mayoiku:20190713055850j:image

先に進んだ平らな場所。Goat Flatという。
f:id:mayoiku:20190713055405j:image

この辺りはトレイルがハッキリしてないのでケルンで道しるべを作ってある。

 

f:id:mayoiku:20190713055652j:image

恐怖の下り。右足にいきなり重心を乗せないように歩くが痛い。

 

先に進んだ湖ではテントがあった。

f:id:mayoiku:20190713055819j:image

f:id:mayoiku:20190713090404j:image

この湖で2人に追い越された。

CDTハイカーのHammer+Rorky(男性)とSpaghetti &Meatballs(女性)

もう彼らには追いつかないだろうと思いながら見送った。

 

さらに向かう先の峠みたいなところ。

f:id:mayoiku:20190713055217j:image

 

f:id:mayoiku:20190713055719j:image

着いたのは良いのだけど、これから下り。

 

f:id:mayoiku:20190713055432j:image

でも頑張る!

 

f:id:mayoiku:20190713055755j:image

下った先で休憩。コーヒー飲んで簡単な昼食。

 

f:id:mayoiku:20190713055859j:image

また登って越えなくてはならない。

 

f:id:mayoiku:20190713055504j:image

ここを越えると今日はあと2マイルだけ。

でも、下りだ。 

最後の頑張りを見せよう!

と思いながら下り出した。

 

ふと、足首痛いにもかかわらず歩けてる自分を嬉しく感じた。

そして、しみじみと味わいながら下ってるうちに涙が出てきた。

トレイルに戻れた・・と実感した。

 

着いた先のテントサイトでは1人。

f:id:mayoiku:20190713055727j:image

焚き火をして過ごす。

 

f:id:mayoiku:20190713055447j:image

頑張った足には痛み止めのご褒美だ。

捻挫がどの程度で良くなるのかという知識はあまりないが、良く耐えてくれたと思う。

 

しかし、夜8時過ぎから2時間以上にわたる雨と雷があった。

寝ようにも寝られない・・

 

 

今日の距離:14.7マイル(23.5km)

 

おわり