マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 2日目 美しすぎて鳥肌がたつ景色。

こんにちはマヨジーです。

 

6月12日(水)

1日目は10マイルだけで休んだので体調はバッチリだ。足の疲れも無いし、足にマメもできていない。

朝から良い天気でコーヒーとオートミールビスケットを食べて歩き出す。

 

f:id:mayoiku:20190618045705j:image

今日のスタート地点はキャンプの端の方にあるこの橋。Old Man Lake North Shore Trail だ。

この先も橋がかかっていれば楽なのだが、あまり期待しないで進む。

 

f:id:mayoiku:20190618045757j:image

振り返ってキャンプ場を見る。

なんて素敵なところなんだろう!


f:id:mayoiku:20190618061148j:image

道端の花も色が鮮やかだ。

 

 

ふと、自分がこのトレイルをホントに歩いてるのかと疑ってしまう。夢なら覚めないでほしい。

f:id:mayoiku:20190618071937j:image


f:id:mayoiku:20190618071919j:image

嬉しいことに橋があった。

 

f:id:mayoiku:20190618045327j:image

たまに分岐がある程度のトレイル。


f:id:mayoiku:20190618071305j:image

また橋があった。どんどん行くぞ!

渡渉をある程度覚悟してただけに嬉しい。

 


f:id:mayoiku:20190618110953j:image

素晴らしい景色。

なんどかヨーロッパアルプスみたい。

(行ったことないが・・)


f:id:mayoiku:20190618045924j:image

特にこの山はマッターホルンのようだ。

 

f:id:mayoiku:20190618061351j:image

赤い岩の美しかった流れ。

ここまで2時間ほど歩いた。


f:id:mayoiku:20190618061136j:image

せっかくなのでこの場所でで休んだ。このトレイルでは美しい場所がありすぎて、どこで休んでも気持ち良い。

 

f:id:mayoiku:20190618045126j:image

森の中に入ると雪が多くなり、トレイルが分かりづらくなる。少ないトレースを確認しながら進む。

トレースがほとんどない場所もある。


f:id:mayoiku:20190618050322j:image

標識もこの状態


f:id:mayoiku:20190618050252j:image

トレイルが雪の斜面に消えたので、どこを歩いたかわからないが登ってきた。

ルートが分かりにくくなる上、雪のトラバースは難しい。

 

f:id:mayoiku:20190618061430j:image

ここにも素晴らしい景色が待っていた。

湖の溶けきってない雪が美しい。

ここは歩いてこないと見れない景色。

 

トレイルジャンクションに着いたので昼食にした。

乾かせるものは全部乾かすぞ!

寝袋もこうしておけば寝る時に暖かい

f:id:mayoiku:20190618061245j:image

 

食べたのはぶっ込み飯+オートミール。

景色が変わるとさらに美味い!

ぶっ込みメシシリーズ持ってきて正解だった。

f:id:mayoiku:20190618061319j:image

この峠の反対側の景色もいい。

 

食事後、反対側のトレイルを歩き出す。

しかし雪が多かった。

f:id:mayoiku:20190618061300j:image

どこを歩いたら良いのかトレイルもトレースも無い。

地形図を見ながら歩くことにした。

すると、藪漕ぎ状態に

f:id:mayoiku:20190618061226j:image

 

やがて川が現れた。

f:id:mayoiku:20190618050206j:image

すでに雪で濡れた状態の靴なので、そのまま渡ることにした。雪解け水は冷たい。

靴を濡らさないでいようと思ったが甘かった。

 

結局、乾かすために休憩した。少しでも乾かそうと健気な努力だ。

f:id:mayoiku:20190618061205j:image

でも、ほんの気休め。

 

途中のキャンプ指定地からの景色。

f:id:mayoiku:20190618044901j:image

ここても良かったかな?

でも、この先のキャンプ場に泊まることになってる。

 

f:id:mayoiku:20190618061638j:image

花と山が美しかった。


f:id:mayoiku:20190618050106j:image

歩く道は花が咲いている。踏まないように歩かないと!

 

そして、進んだ先にはお花畑

f:id:mayoiku:20190618045000j:image

どっちを見ても花畑。

真ん中に自分がいる。


f:id:mayoiku:20190618061405j:image

何も言葉が出ない。

鳥肌状態だ。

花が咲き乱れたこの場所を今、自分が歩いてるという事が信じられない。この景色を見るために歩いてる訳ではないが、この景色を見るために来た気持ちになる。

歩いてると花の香りに包まれた。

 

今夜のテント指定地に着いたのは4時過ぎ、雪のトレイルで時間を使ってしまった気がする。

今日のテント場はAtrantic Creek  Campground

 

テント指定地にはちゃんとトイレもある!

f:id:mayoiku:20190618045423j:image

 

中にはコンポストみたいな便器があるだけだ。

f:id:mayoiku:20190618044916j:image

けど、意外と匂いがしない。

日本の山小屋のトイレの方が匂う。

 

このテント指定地はちゃんと区分けされている。

f:id:mayoiku:20190618044936j:image

食事を食べる所、テントを張る所、食料など熊から守るためにぶら下げる所、トイレ。

 

熊から人間と食料を守るため。それが結果的に熊を守ることになる。人を襲った熊は殺されてしまう。

f:id:mayoiku:20190618061607j:image

 

アウトドアのトレーニングに来てた人たちがいた。女性リーダーが指導している。

参加者は2名の男性と2名の女性。ここまで4マイル歩いてきての講習。

日本では見かけないな。何故だろう。

 

その人たちはほっといて早く寝た。

年寄りの朝は早いのだ。

 

今日の距離:15.1マイル(24.1km)

 

おわり