マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 116〜118日目

こんにちはマヨジーです。

 

Twin Lakesでは一泊して南に向かう。

Aspenが見頃を迎えて美しかった。

これが終わってしまうと、冬の枯れ木の山を歩くことになるのだろうか?

 

10月5日(土)

 

7時からの朝食をロッジで食べる。

f:id:mayoiku:20191010061558j:image

普段はレストランとなってる場所。

誰もいなかった。

食べたといっても、昨日買ったサンドイッチを食べた。ここではコーヒーだけいただいた。

食べたら、すぐに歩き出す。

 

f:id:mayoiku:20191010061927j:image

昨日の昼はここでブリトーを食べた。

電子レンジでチンするだけだったが・・

充分美味しかった。

こんな場所でもチップは必要。

 

f:id:mayoiku:20191010062227j:image

まずは道路を進む。

 

f:id:mayoiku:20191010061717j:image

そしてトレイルヘッドからハイキングコースになる。

 

f:id:mayoiku:20191010062215j:image

すぐに登りが始まった。

Twin Lakesは3000m以下の標高だが、今日は3800m以上の峠を越えなければならない。

1週間分の食料があるから重い。

 

f:id:mayoiku:20191010061608j:image

水の豊富な山だ。

持つ水分は少ないのが助かる。

 

f:id:mayoiku:20191010061726j:image

この標識に書かれてるHOPE PASSへと向かう。

 

f:id:mayoiku:20191010061758j:image

コロラドトレイルand CDT(コンチネンタルディバイドトレイル)。

この状態はしばらく続く。

 

f:id:mayoiku:20191010061658j:image

途中にあった古くて壊れたログハウス。

奥はトイレかな?


f:id:mayoiku:20191010061714j:image

やっぱりトイレだ。

日本も昔の家はトイレが外にあったな・・

 

f:id:mayoiku:20191010061945j:image

この近くて休憩。

今回はこのスナックを何本も買った。

甘すぎず、まあまあと言った感じ。しかし、寒くなると固くなる。

 

f:id:mayoiku:20191010061911j:image

途中で2人のハイカーに追い越される。

先に小さく見える2人だ。

Passが近くなってきてから彼らのスピードが落ちて、結局先にHOPE PASSに着いた。

自分は高所に強くなってる気がする。

 

f:id:mayoiku:20191010062011j:image
f:id:mayoiku:20191010062321j:image

反対側から吹いてくる風が強くなり、寒いので写真だけ撮ってさっさと進む。

 

f:id:mayoiku:20191010062316j:image

反対側も美しい。

途中、登って来た夫婦ハイカーと話をした。

Salida(彼らはサライダと発音してた)の南で山火事があり、煙を吸わないようにバンダナとかて口を覆うと良いよ・・と教えてくれた。

 

f:id:mayoiku:20191010061932j:image

地面に生える草が赤っぽくなって、Aspenの黄色いと山が美しく感じた。ここで休憩した。

トルティーヤチップスやビーフジャーキーを食べる。この2つは必ず持っている。

 

さらに下った場所の景色も美しい。

f:id:mayoiku:20191010061929j:image
f:id:mayoiku:20191010062257j:image

 

f:id:mayoiku:20191010062203j:image

反対側のトレイルヘッドに着く。

この先、Winfieldという街というほどではない場所が気になり別ルートで歩いた。

 

f:id:mayoiku:20191010062018j:image
f:id:mayoiku:20191010061740j:image

そこにあった学校の建物。

今は個人所有のログハウスが数件しかないが、サロンやストアがあった鉱山の町だったらしい。

 

f:id:mayoiku:20191010062029j:image

この先はLake Annの方向へ進む。

 

f:id:mayoiku:20191010122057j:image

寒さの中、週末キャンプにチャレンジしてる人たち。

 

f:id:mayoiku:20191010062004j:image

林道が終わり、ここからは徒歩のトレイルのみ。

 

f:id:mayoiku:20191010062211j:image

先に進んだ場所にテントを張った。

 

ここから見える山。

f:id:mayoiku:20191010061806j:image

Huron Peak 4252m

 

f:id:mayoiku:20191010061811j:image

The Three Apostles(左)4201m、Ice Mountain (右)4220m。

 

明日はこの山が連なる場所にある峠Lake Ann Pass 3840mを越える。

 

今日の距離:15.5マイル(24.8km)

 

10月6日(日)

 

寒さの中の準備は手の指がかじかんで辛い。

それでも、やっと準備して歩き出したのが7時過ぎ。

まだ、日が当たらないから寒さの中進む。

f:id:mayoiku:20191010061802j:image

今日はLake Ann Passまで登りが続く。

 

f:id:mayoiku:20191010061602j:image

歩いているうちに山に日が当たり出す。

 

寒いことで辛い部分も増えるが、良いこともある。

通常ならぬかるんでる場所が凍ってるから歩きやすい。でも、川の付近は滑らないよう注意が必要。

 

f:id:mayoiku:20191010062008j:image

Lake Annが見えてきた。

 

f:id:mayoiku:20191010061939j:image

昨日のテントサイトから見えていたThree Apostles(4201m)の山はここから見ると槍ヶ岳のようだ。

 

f:id:mayoiku:20191010061723j:image

けっこう辛い登り。岩が険しい。

 

f:id:mayoiku:20191010061750j:image

急斜面に作られた細いトレイルが続く。

見えてると近く感じるが意外とある。

 

f:id:mayoiku:20191010062219j:image

さっきのLake Annに太陽が当たりエメラルドグリーンのような美しい色に変わった。

 

f:id:mayoiku:20191010061701j:image

誰にも会わぬままLake Ann Pass(標高3840m)に着く。

風は弱いが寒い。長くはいられない。

 

f:id:mayoiku:20191010061709j:image

来た方向


f:id:mayoiku:20191010061624j:image

進む方向

とても良い峠だ。しかし、さっさと下る。

 

f:id:mayoiku:20191010061915j:image

木が生えてる場所にまで下りて来た。

風除けがあるだけで寒さが変わる。

 

f:id:mayoiku:20191010061918j:image

振り返って峠を見る。

辛かった。

 

f:id:mayoiku:20191010062312j:image

陽だまりで昼の休憩を取る。

長くいると、陽だまりも移動するから、自分も移動する。

 

f:id:mayoiku:20191010061818j:image

このトレイルをモトクロスバイクが通った。

しかも3台。

まさか、トレイルでバイクを見るとは思わなかった。

 

f:id:mayoiku:20191010062207j:image

下ったところの登山口で確認したら、どうやらバイクOKらしい。

 

f:id:mayoiku:20191010062033j:image

ここから別ルートのCDTを歩く。

距離は変わらないが、高所が少なくなる。

寒さで体力失ってたから、甘えたコースにした。

 

f:id:mayoiku:20191010061753j:image

そのトレイルからの景色。

 

f:id:mayoiku:20191010061705j:image

ひたすら進み疲れ切った頃、道路に出た。

だけど、渡るだけ。

 

f:id:mayoiku:20191010062043j:image

道路近くの駐車スペース。

この奥からトレイルは続く。

 

f:id:mayoiku:20191010061959j:image

Guthookの中の情報だと、この奥にデカいキャンプスポットがあるとのことだ。

 

f:id:mayoiku:20191010061956j:image

とりあえず、ここで水を補給して歩く。

 

f:id:mayoiku:20191010062305j:image

広すぎて何処に張ろうか悩んで奥の方にした。

しかし、誰もいない。

 

今日の距離:17.9マイル(28.6km)

 

10月7日(月)

 

朝のコーヒーを飲もうとしたら、テント内にあった水ボトルの水が凍り始めてた。

コッヘルに注ぐと氷が浮いた。

f:id:mayoiku:20191010061614j:image

3時過ぎから寒いと思っては思ってたが、かなり気温が下がってる。おそらく氷点下10度以下。

テント内で凍るとしたら、次回は一緒に抱いて寝る必要があるかも知れない。

冬山と変わらない。

 

テントをしまう時や靴の紐を結んだりする時に、かじかむ手が思い通りにならず、いつもの倍の時間はかかった。

 

f:id:mayoiku:20191010061720j:image

歩き出して小川を渡る時、薄く氷が張ってた。

 

f:id:mayoiku:20191010061732j:image

森の中を歩きながら少しずつ高度を上げる。

寒いので、手に手袋をはめて、さらにポケットの中。足先がジンジンする。

 

f:id:mayoiku:20191010061745j:image

スマホを操るのもめんどうだったので、ちゃんと表示があるのはありがたかった。

 

f:id:mayoiku:20191010061619j:image

綺麗なツララだから写真だけは撮った。

 

f:id:mayoiku:20191010122538j:image

陽だまり見つけて最初の休憩。

 

f:id:mayoiku:20191010061611j:image

ポリタンクの氷も溶かそうとしたが中々溶けない。

 

f:id:mayoiku:20191010061906j:image

標高が上がり見晴らしが良くなる。

 

f:id:mayoiku:20191010061549j:image

3690mくらいの峠を通り過ぎたのは昼頃。

お腹が空いたので、標高を下げて木のある場所を探す。

 

f:id:mayoiku:20191010061553j:image

何故、ビールの開けてないのがあるのかは不明。

もし、トレイルマジックだとしても、開封して飲む気はしない。

 

f:id:mayoiku:20191010122832j:image

進むべき湖が見えて来た。

 

f:id:mayoiku:20191010062022j:image

やっと見つけた休める場所。

空気が乾燥してるせいか、すでに1リットル以上の水を飲んでる。

 

f:id:mayoiku:20191010061953j:image

その先で2度目の水を補給した。

 

f:id:mayoiku:20191010062309j:image

下った先にはトイレがあった。

駐車場は1台も止まってない。

 

f:id:mayoiku:20191010062037j:image

馬をつなぐ場所にも馬はいない。

もう、ハイキングシーズンは終わりなのかな?

 

f:id:mayoiku:20191010122942j:image

このトレイルヘッドを過ぎてから林道の登りになる。

 

f:id:mayoiku:20191010122732j:image

Mirror Lake

 

f:id:mayoiku:20191010061814j:image

埃っぽい林道だ。ここを歩く頃には朝の寒さが信じられないくらい暑くなった。

汗をかきながら歩く。

 

f:id:mayoiku:20191010061921j:image

峠が近くなって来た。バギー車が通り過ぎて埃を巻き上げていった。

 

f:id:mayoiku:20191010062047j:image

峠に着いたら久しぶりに見る牛ガード。

 

f:id:mayoiku:20191010062223j:image

Continental Divideを表す表示。

右側の水はPacific Ocean、左側の水はAtlantic Oceanに流れる分岐だ。

ここに着いたのは午後4時。

疲れて下りにかかる。

 

f:id:mayoiku:20191010061546j:image

反対側の下った場所にある表示。

この近くでテントサイトを探す。

 

f:id:mayoiku:20191010062015j:image

小川の近くでテントを張った。

 

今日の距離:16.7マイル(26.7km)

 

おわり