マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

CDT 112日目 Leadvilleにてゼロデー

こんにちはマヨジーです。

 

いよいよ10月になってしまった。

6カ月ビザ(B2ビザ)の期限の関係上、11月までの2カ月が行動できる期限となってしまった。

すでにCDT(コンチネンタルディバイドトレイル)のスルーハイク(期間中にカナダ国境とメキシコ国境の間を歩き通すこと)は諦めている。

今の課題はコロラド州を歩き通せるか?・・ということと、ニューメキシコ州を歩き通せるかということだが、歩くスピードから考えると両方は難しそうだ。あとは、雪が積もったら無理になる。

 

とりあえず、先のことはあまり考えずに歩こう!

今は、コロラド州の山々で、風と高度に苦しみながら、美しい彩りを楽しみながら歩くしかない。

 

10月1日(火)

 

今日は靴を買い換えた。

Dubois で買ったサロモンの靴は活躍してくれたが、穴が開き始めた。600マイル以上歩いた靴だ。

Montrailの靴が弱すぎたから、サロモンは頑張ったと余計に感じる。

歩きやすさ、足首への負担も少なかったと思う。

 

次の靴はALTRALONE PEAKにした。

履き心地で気に入った。

f:id:mayoiku:20191002063734j:image

 

実はトレイルを歩いていて、トレイル上に多く残るFoot Print(足跡)をよく見て気になってた靴だ。

CDTハイカーの25%くらい(想像)はこのメーカーの靴を履いているのではないだろうか?

f:id:mayoiku:20191002063857j:image

この独特のパターン。

足の裏の模様が特徴だ。

 

ゲーターを付ける部分が付いてるのも面白い。

f:id:mayoiku:20191002064439j:image

フロント部分の引っかかる部分。

 

f:id:mayoiku:20191002064443j:image

かかとの部分にはマジックテープでゲーターを押さえる部分がある。

 

明日からこの靴が活躍するだろう。

 

靴を購入して帰る途中Leadvilleのメインストリートを歩いた。

 

ちなみに、LeadvilleThe Two-Mile-High City と言われるアメリカの法定都市の中で最も標高が高い場所にある。

f:id:mayoiku:20191002064856j:image

標高の高さがこの街の特徴の一つ。

10200フィートの高度にある。

 

けど、それだけではない歴史もある。

現在、人口3000人に満たないこの市は、19世紀にはコロラド州ではデンバーに次ぐ人口だった。それは金・銀・鉛などの鉱物によってもたらされた繁栄だった。

ドグ・ホリデイが住んだ街としても知られていて、繁栄の反面、ガンファイターなどが存在する犯罪の街でもあったらしい。

 

その繁栄を物語るのがオペラハウス。

f:id:mayoiku:20191002061534j:image

1879年にHorace Taborによって建てられたことからTabor Opera House と名付けられている。

Leadvilleの街のメインストリートに面してる。

ここではオスカー・ワイルドの講演も行われたとのことだ。

 

他にも歴史を感じる建造物が並ぶ。

f:id:mayoiku:20191002065108j:image

これ、実はアウトドアショップ。

店内にはクライミングギアなど本格的な登山用品が並ぶ。

 

f:id:mayoiku:20191002065215j:image

ここには自転車屋が入ってる。

 

f:id:mayoiku:20191002065311j:image

壁に描かれた絵がいい。

このビルにはスキーショップが入ってた。

 

f:id:mayoiku:20191002065408j:image
f:id:mayoiku:20191002065411j:image

他にも美しい昔の建物が並ぶ。

 

f:id:mayoiku:20191002065510j:image

これは古い建造物では無いが、可愛らしい建物の床屋さん。

 

f:id:mayoiku:20191002065606j:image

街の一角には歴史を感じる機械が並ぶ。

 

f:id:mayoiku:20191002065655j:image

これも古い建造物ではないが、スキーの板を再利用したベンチが面白い。(スキーショップ)

 

f:id:mayoiku:20191002065804j:image

マリワナを扱う店も美しく彩りした家だ。

 

街全体が建物に気を使っているイメージを受ける。

普通の家もペンキの色合いが美しかった。

 

アメリカの建造物は細部では荒い部分があるが、全体的に見ると美しいと感じる事が多い。

一方、日本ではゴミが落ちてないクリーンな街が多いが、アメリカではゴミが落ちてる事が多い。

日本ではゴミ箱探しが大変だが、アメリカではゴミ箱はいろんな場所にある。

日本とアメリカの違いを感じながら街を歩くのも楽しみの一つだ。

 

明日からのトレイルではTwin Lakesへと向かう。

天気もしばらく晴れが続きそうだ。

 

今日の距離:0

 

おわり