マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

Portland でライトレールに乗る。

Hi There !

 

サンフランシスコ空港からポートランドへの乗り継ぎで乗ったのがアラスカ航空だ。その座席の前の液晶に表示されてた挨拶が「Hi There !」だった。

 

なので、今日は使ってみた。

でも、馴染まないな・・

 

ということで

あらためて、

 

こんにちはマヨジーです。

 

日本を出発したのが夜7時代の羽田空港発。

機内で「ボヘミアンラプソディー」「運び屋」「飛んで埼玉」を観てサンフランシスコで乗り換えた。

 

今日、ポートランドに着いたのが夜の8時20分ころ。

そこから荷物を受け取って空港から出たのが9時近くになってしまった。

サンフランシスコ発のアラスカ航空が1時間半の遅れだったのが原因。

それにしても、みんな慣れてるのだろうか・・

慌てる人を見ない。

 

ポートランド駅から予約してあるモーテルまではTRIMETが運営してるライトレールに乗った。

f:id:mayoiku:20190606144725j:image

f:id:mayoiku:20190606144722j:image

羽田空港へのモノレールみたいな感じの乗り物だが、陸地を静かに走ってる。これにのってポートランドの中心まで行くことができる。

しかし、乗ってる人は少ない。

 

乗るにはこの機械を使う。

f:id:mayoiku:20190606144924j:image

右の機械でチケットを買うのだが、距離は関係ない。

時間制なのだ。

2時間半が2ドル50セントと覚えやすく。

24時間は5ドルだ。

これは小銭でもクレジットカードでも購入できる。

夜間人がそれほど乗り降りしてない駅にも販売機があるのだから、ポートランドは治安が良いのかもしれない。

 

さて、時間制限あるキップの開始だが切符に刻印されている。

f:id:mayoiku:20190606145939j:image

入れると有効時間が印字されてるが、乗車してる間に時間制限超えたらどうねるかは不明。

 

f:id:mayoiku:20190606150234j:image

途中の駅で撮影。ライトが灯ってるのがホーム。

ホームと道路との間に改札など無い。

 

改札もないため、刻印して乗り降りるまでライトレールの従業員のチェックを受けることがなかった。

持ってなくても乗れそうな感じもするが、してはいけない!

たぶん、どこかでコッソリ見てるかもしれない。

 

そういえば、このライトレールも時刻通りに動いてなかったな・・

 

そして、予定をオーバーして日本から予約しておいたモーテルに着いた。Bomking.comでの予約だからスマホで簡単にできて良かった。

もちろん、出来るだけ安いモーテルを選んだ。

f:id:mayoiku:20190606235535j:image

夜9時を過ぎているのに、夕方の明るさだ。

 

f:id:mayoiku:20190607002008j:image

一人で寝るには広すぎるベッドが迎えてくれた。

 

ただ、乗り物の席に座っていて、動いても無いのに疲れた1日だった。

 

 

 

おわり