マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

いよいよ出発間近

こんにちはマヨジーです。

 

CDTに向けての荷物の最終チェック中だ。

荷物をリストにした。

なんと、重いじゃないか!食料・水を除いた重さが9㎏を超える。

もしかしたら、歩いている途中捨ててしまうものもあるかもしれない。

 

CDT荷物リスト    
  装備 重さ
ザック Gossamaer Gear Mariposa(マリポサ) 858g
テント ヘリテイジ CROSSOVER DOME f(ペグ、シート、ポール含む) 812g
寝袋 ナンガオーロラlight 450 spdx(圧縮袋含む) 929g
寝袋用マット Nemo Tensor Mummy 356g
寝袋用シーツ Cocoon シルクシーツ 125g
マット用空気入れ モンベル(寝袋用防水袋兼用) 50g
調理用品 SOTOウィンドマスター+EVERNEW ULTRA-LIGHT600ml+VARGO TITANIUM CUP+ラーメン用容器0.47L(aladin)+Snowpeakスプーン 391g
ガスコンロ用燃料 アメリカで購入できるもの 380g
浄水器 SAWYER スクィーズ 97g
ポリタンク EVERNEW ウォーターキャリー2L×2 900ml×1(SAWYERに合わせた)他 147g
携帯電話 Iphone X 303g
充電器 CHOETECH ソーラーチャージャー、オズマMobile Battery8000mAh 570g
予備ライト Owleye LEDソーラーライト 32g
雪対策 チェーンアイゼン(CAMP) 348g
サコッシュ North Face サコッシュ 51g
ミニザック Mont-bell パーサライト 103g
ヘッドライト Black Diamond コズモ 128g
救急セット テーピングテープ、薬、爪切り、ハサミ、他 512g
トイレセット Mont-bell トイレットペーパー、ミニシャベル、ペットボトル用シャワーノズル 173g
サンダル Xero Z-TRAIL 306g
EMMAKITES 100%ダイニーマライン31m(食料を木からぶら下げるための紐) 108g
モスキートネット(顔) Naturehike MOSQUITO Mesh Mask(顔の虫よけネット) 32g
Mont-bell サンブロックアンブレラ     (砂漠用) 206g
雨具 雨具(モンベルトレントフライヤー) 286g
防寒具 防寒具(モンベルサ―マラップ) 220g
  パタゴニア ナノパフ 282g
衣類食料など入れる袋 数袋 250g
衣類 DARN TOUGH(靴下)2足 89g
  Finetrack ベースレイヤー 46g
  Tシャツ2枚(ヒッチハイクを考慮して1枚多め) 273g
  Mont-bell  暖パン 253g
  ユニクロAIRism ブリーフ 2枚(おもらしした時用に1枚多め) 72g
  バンダナ 2枚とフェイスマスク(砂漠ホコリ除けマスク代わり&防寒) 108g
  サングラス入れ 33g
  Mont-bell ショートスパッツ 64g
  Mont-bell手袋 (防寒用) 68g
  Finetrack メリノスピンサーモタイツ1枚(氷点下を生き抜くため) 141g
    9202g
注:日傘は砂漠で持つ、チェーンアイゼンは雪山で持つ  

 

この荷物に食料と水を追加したら15㎏は超えるだろう。

この他に現地で購入するDEET(虫よけ剤)とか増えるものもあるだろう。

 

一般的にロングトレイルでは年寄りほどいろいろ心配して重い荷物を背負うそうだ。

そのことを思い出して「うん、うん」とうなずくマヨジーだ。

f:id:mayoiku:20190602191928j:plain

 

 

前回のアリゾナトレイルに

比較して

なぜ重くなったか・・

 

歳を重ねていくと寒さに弱くなってる自分がいた。

山の中で年寄りが低体温症になるのがわかる年代になって来たと思う。

 

そこで今回のポイントは寒さ対策だった。

 

①三角ツェルトからドーム型への変更。(隙間風が減る)

②ズボンの下に着るタイツの導入。(簡単に言えばももひき。)

③寝袋を冬用にした。

④寝袋の中にシルクのライナー。(サラサラ感が心地よい)

⑤アルコールコンロからガスコンロへの変更(いざという時にテント内を暖める)

 

これで凍え死ぬことは無いだろう。

温かくして次の日への体力回復が狙いだ!

 

それ以外にも重くなっている理由は

ソーラーチャージャーアイゼン日傘などがある。

 

本当はベースウェイトを7㎏台にはしたかった。

重いと一日に歩ける距離がどうなるか・・

逆に装備は充分だろうか・・と

心配はつきない。

でも、アクシデントやインシデントを楽しむのもロングトレイルの醍醐味だと思う。

心細くもなるが、ただ遊びで行く自分に対して応援してくれてる人もいて、前に進む元気ももらえる。

スタート地点に立てるだけでも幸せなことだ。

このブログを読んでくれて、応援してくれる人達にも感謝したい。

 

 

 

おわり