マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

秘湯ハンターが行く(白馬鑓温泉)

こんにちはマヨジーです。

 

今回は秘湯ハンターとなったマヨジーだ。

今後、1ヶ月の間に

 

白馬鑓温泉 標高2100m

本沢温泉 標高2150m

広河原の湯 たぶん標高1600mくらい

(手白澤温泉の代替え)

三斗小屋温泉 標高1480m

の4つを制覇する。

 

しかし、最近膝が痛い。

実は不帰ノ嶮の下山中に全然危険でない場所で転んだ。転んだ瞬間まず誰か見てないかと振り返った。見られてたら恥ずかしい安全な場所だ。その時に膝をひねった。

 

下山後、この先の登山に対して心配になった。

その時に浮かんだのは野村克也さんの「心配とは行動の不足からくるものである」との言葉だ。

そうだ!マヨジーはひたすら動くのみだ。

膝に良いかどうか心配せずに動こう!

そしてランニングをした。アスファルトの振動が膝にズンズン来た時もあり、今だに痛いが良くなりつつある気がする。

 

以前、膝痛て病院に行った時医者に「加齢からくるものですね」「登山はおススメしません」と言われた時も登山を再開したら治った。

治る理屈はわからない。

 

 

さて秘湯ハンター・マヨジーに話を戻そう。今回は白馬鑓温泉に行ってきた話だ。

f:id:mayoiku:20181022115847j:plain

実はこの白馬鑓温泉を訪れるのは今年3度目だ。

2度も来ているのに入っていなかったのは秘湯ハンターになる前だったからだ。今のマヨジーは違う。

 

2回の訪問は以下の内容だ。

 

1度目は滑落した時

 

www.mayoji.com

 

2度目は不帰ノ嶮へと周回した時。

 

www.mayoji.com

 

実は2回とも小屋が営業していなかった。

1度目は6月で建設中、2度目は9月末の小屋を壊してる時に訪れた。

今回は当然だが小屋も無くて、営業はしていない。

 

10月23日の朝、夜明けの猿倉荘から歩き出す。

いいぞ、いいぞ日よ上れ!

f:id:mayoiku:20181023091738j:image

他にも登山者がいたが、白馬岳の方に向かって行った。この辺りは紅葉が美しい。

f:id:mayoiku:20181023091907j:image

 

マヨジーは鑓温泉へと向かった。

f:id:mayoiku:20181023092001j:image

滑落注意の文字を見て、他人事とは思えない。慎重に通り過ぎる。

 

猿倉荘から白馬鑓温泉へは山と高原地図のコースタイムで4時間半かかる。

行こうとしてる温泉の中で最も時間がかかる。それなりの登山する人でないと来れない温泉だ。

 

このコースは水場があるので助かる。

飲み放題だ!

f:id:mayoiku:20181023190952j:image

生水を気にせず飲める人なら、500mlボトル1本あれば補充しながら歩ける。

 

天気もまずまず!

f:id:mayoiku:20181023191154j:image

これは池だ。温泉じゃないぞと自分に言い聞かせて通り過ぎる、


f:id:mayoiku:20181023191156j:image

高い場所は紅葉は終わってる。

 

そして、白馬鑓温泉に着いた。

f:id:mayoiku:20181023191235j:image

 小屋は無い。

 

テント泊の人がいたが、湯船には誰もいないぞ!

f:id:mayoiku:20181023191900j:image

貸し切りだ!

薄い青緑の透明な色がマヨジーを誘っている。

 

ここで、ビールとコンビニおにぎりを出した。

f:id:mayoiku:20181023191452j:image

 

温泉でビール!

これをやりたかった。
f:id:mayoiku:20181023191449j:image

温泉に入る単なるジジイだ。

満足、満足!

ビールの酔いも加わって、天国に迷い込んだかのようなジジイになった。

 

さてお湯の感想だが、入った瞬間肌がヒリヒリとする。効能など何もわからないが、肌を刺激する感触が「効いてる!」と思わせる。

登ってきた疲れが取れるような気になる。

底面はヌルヌルしてるので転ばないように注意した。せっかくここまで転ばずに歩いて来たのだから、風呂で溺れて死んだら浮かばれない。

 

マヨジーには熱すぎて長くは入ってられず、上半身を常に出していた。

きっと雪が積もった頃にくると丁度良い湯加減かもしれない。

 

しばらくして、晴れてたはずの空が雲に覆われ出した。

どうやら下山しろと言ってるようだ。

温泉でリフレッシュした後の下山は足取りが軽かった。膝も心持ち良い感じになった。

     効能:膝に良い(個人的感想です)

 

登山口の駐車場に戻ると朝は暗くて見えなかった紅葉が綺麗だった。

f:id:mayoiku:20181023193857j:image

さて、次はどの温泉を征服しようか。

 

おわり