マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

南八ヶ岳(硫黄岳から阿弥陀岳の稜線)の花たち(2018.6.19)

こんにちはマヨジーです。

 

6月19日は梅雨の晴れ間を確認して八ヶ岳に行ってきた。

梅雨の時期までは稜線に花が多いらしい。

高山の花を勉強中のマヨジーにとって、この時期の晴れ間は貴重だ。

 

まずは美濃戸口から歩き出す。

美濃戸口へはバスもあるので、人気の登山口だ。

f:id:mayoiku:20180621134709j:image

しかし、平日の朝6時に歩く人は誰もいなかった。


f:id:mayoiku:20180621134324j:image

歩き出してから多く見る花がシロハナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、バラ科)


f:id:mayoiku:20180621134339j:image

イブキトラノオムカゴトラノオ

たぶん下の部分まで花があるのでイブキトラノオだろう(タデ科イブキトラノオ属)

1つ1つの花も可愛らしい。


f:id:mayoiku:20180621134421j:image

サラサドウダン(ツツジ科)


f:id:mayoiku:20180621134353j:image

ミヤマカラマツ(深山唐松、キンポウゲ科、カラマツソウ属)

花は線香花火のようだ。

 


f:id:mayoiku:20180621134953j:image

ここを北沢に向かいます。

北沢に行くと赤岳鉱泉。南沢に行くと行者小屋。


f:id:mayoiku:20180621134358j:image

スミレ


f:id:mayoiku:20180621134620j:image

キバナノコマノツメ。前回、谷川岳で見たナエバキスミレより細っそりとした顔立ちだ。

花に入る縦の線がバカボンのパパの鼻毛のようだ。「これでいいのだ!」

この後、何度も見かける。


f:id:mayoiku:20180621134731j:image

ここから硫黄岳に向けて北沢に沿って歩く。


f:id:mayoiku:20180621134740j:image

ここにも多くのキバナノコマノツメが見られた。


f:id:mayoiku:20180621134408j:image

赤岳鉱泉に向かう途中の沢は赤っぽい。

効能はわからない。


f:id:mayoiku:20180621134557j:image

オサバグサ(ケシ科)

シダ類のような葉が特徴。


f:id:mayoiku:20180621134445j:image

ミヤマキンポウゲ

ギザギザ葉が特徴


f:id:mayoiku:20180621134500j:image

赤岳鉱泉に近づいて来た。


f:id:mayoiku:20180621134251j:image

赤岳鉱泉で一休み。

 

f:id:mayoiku:20180621134703j:image

イワカガミ


f:id:mayoiku:20180621134628j:image

コミヤマカタバミ(カタバミ科、カタバミ属)

ハートの形の葉が3枚。

葉も花も可愛らしい。


f:id:mayoiku:20180621135502j:image

硫黄岳に向かう途中から見えた赤岳や阿弥陀岳。

これから行くよ!


f:id:mayoiku:20180621134553j:image

イワウメ[イワウメ科、イワウメ属)

梅の花にように見えるから名付けられてる。

岩にへばりつくように咲いてる姿は健気な感じがする。


f:id:mayoiku:20180621134744j:image

ツガザクラ (ツツジ科ツガザクラ 属)

アカモノ(イワハゼ)に似てる花、

葉っぱが細い。

 


f:id:mayoiku:20180621134624j:image

硫黄岳山頂に着いた。

山頂といっても平らだから撮ると山の上かどうかわからない。

よく、山頂で休憩できる平らな場所探しをするが、ここでは風の強い日に風除けできる場所を探すのが大変だ。


f:id:mayoiku:20180621134611j:image

イワウメ


f:id:mayoiku:20180621134939j:image

硫黄岳から

これから歩く稜線


f:id:mayoiku:20180621134714j:image

硫黄岳山荘

この辺りから高山植物が多い


f:id:mayoiku:20180621134505j:image

オヤマノエンドウ(紫色、マメ科、オヤマノエンドウ属)


f:id:mayoiku:20180621134319j:image

オヤマノエンドウが群れてる。

鮮やかな色に圧倒される。

 


f:id:mayoiku:20180621134403j:image

岩場に咲くオヤマノエンドウも美しい。


f:id:mayoiku:20180621134725j:image 

ハクサンイチゲ(白山一花、キンポウゲ科)


f:id:mayoiku:20180621134312j:image

イワウメに似てるけど、花びらが多く葉に線が多いのでチョウノスケソウ(バラ科、チョウノスケソウ属)

 


f:id:mayoiku:20180621134719j:image

ウルップソウ(オオバコ科、ウルップソウ属)


f:id:mayoiku:20180621134653j:image

キバナシャクナゲ(ツツジ科ツツジ属)

北海道、八ヶ岳や南・中央アルプスて見られる。


f:id:mayoiku:20180621134959j:image

この時期のこの稜線はいい!


f:id:mayoiku:20180621134436j:image

やっと出会えたツクモグサ(キンポウゲ科、オキナグサ属)しかし残念ながら花は開いていない。八ヶ岳に咲く絶滅危惧種。


f:id:mayoiku:20180621134736j:image

まだこれからのイワベンケイ


f:id:mayoiku:20180621134649j:image

ウルップソウの葉の部分が無秩序に乱れているようで面白い。


f:id:mayoiku:20180621134544j:image

ミヤマシオガマ


f:id:mayoiku:20180621134615j:image

ハクサンイチゲが活き活きしてる。


f:id:mayoiku:20180621134426j:image

ミヤマキンバイ


f:id:mayoiku:20180621134945j:image

ツクモグサ。

花弁に毛が生えてる。


f:id:mayoiku:20180621134525j:image

ツクモグサは残念ながら開いてなかったが、上に見える(赤丸内)は少し開いてる。


f:id:mayoiku:20180621134658j:image

昼食はハム&マヨにさらにマヨネーズをトッピングして高カロリー食にして食べた。

マヨネーズは美味しい・・


f:id:mayoiku:20180621134548j:image

このパンは高山だと膨らんで潰れないから助かる。

おにぎりはよくペシャンコになってることがある。


f:id:mayoiku:20180621134531j:image

ツクモグサ


f:id:mayoiku:20180621134302j:image 

ツクモグサ


f:id:mayoiku:20180621134346j:image

三色トリオ(紫:オヤマノエンドウ、黄:ミヤマキンバイ、白:チョウノスケソウ)


f:id:mayoiku:20180621134257j:image

ツガザクラ 


f:id:mayoiku:20180621134441j:image

イワヒゲ


f:id:mayoiku:20180621134431j:image

やっと赤岳着いたが雲の中になってしまった。

今日の最高峰なのに・・トホホ

休まずに先に進む。


f:id:mayoiku:20180621134602j:image

ウラシマツツジ (ツツジ科、ウラシマツツジ 属)

下向きの可愛らしい黄色い花。


f:id:mayoiku:20180621134641j:image 

キバナシャクナゲの子供だ、


f:id:mayoiku:20180621134933j:image

これから登る阿弥陀岳。

流石にキツくなってきた。


f:id:mayoiku:20180621134334j:image

阿弥陀岳山頂。

さあ、下山するぞ!


f:id:mayoiku:20180621134415j:image

美人だ!


f:id:mayoiku:20180621134637j:image

マイズルソウ


f:id:mayoiku:20180621134307j:image

ゴゼンタチバナ


f:id:mayoiku:20180621134520j:image

ギンリョウソウも見つけたが開いてない。


f:id:mayoiku:20180621134449j:image

これから開くのを待つギンリョウソウたち。

 

この後、ひたすら長い下りを歩き美濃戸口にたどり着いた。

 

下山後、ひたすら花の名前を調べたマヨジーだ。高山の花という図鑑を調べてもわからない事が多い。

でも、見て感動して、調べて納得して、記録するのは面白い。

1日たつと忘れてしまっているのだが・・

 

おわり