マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

谷川岳馬蹄形の花たち

こんにちはマヨジーです。

 

谷川岳では多くの花を見ることができた。

 

しかし、マヨジーは花のことを説明できない。

覚える前に名前が分からなすぎる。

ネットや図鑑で調べるものの、分からなかったり、間違っておぼえてたりとした。

花の名前をすぐに言える人はカッコいい!

マヨジーもそうなりたい。

 

なので、今回は忘れないようにするための意味も込めて調べたことを記事にした。

以下、谷川岳馬蹄形で見た花だ。

歩いて見た順になっている。

 

f:id:mayoiku:20180611210303j:image

ツツジ科

ドウダンツツジ

白毛門に向けて登り初めて30分くらいの場所

白い可愛い花

 


f:id:mayoiku:20180611210153j:image

タニウツギ 属

タニウツギ

落葉小高木

ピンクの色が山合いに目立つ。

谷川岳では比較的低い場所に咲いている。


f:id:mayoiku:20180611210415j:image

スズラン亜科マイヅルソウ属

マイズルソウ

今回の縦走路のいたるところに咲いていた。

小さい花なのでピント合わせが大変だ。

写真もピンボケしている。


f:id:mayoiku:20180611210257j:image

ベニサラサドウダン

ドウダンツツジの仲間だ。

サラサドウダンの変種で花の赤みが強い。

景色が見渡せるようになったころ、谷川岳が見えるようになってから多く見られた。岩山に多いらしい。

 


f:id:mayoiku:20180611210341j:image 

シラタマノキ属

アカモノ

(イワハゼとも言う)

常緑小低木で秋に赤い実をつける。

標高が高くなって見れた。

まだ、白毛門の手前。


f:id:mayoiku:20180611210402j:image

イワカガミ族

コイワカガミ

葉に強い光沢があり鏡のように見えるからと言うことらしい。

これは多く咲いていた。

馬蹄形のいたるところで見れる。


f:id:mayoiku:20180611210307j:image

スミレ属

ナエバキスミレ

東北に見られるタカネスミレと花は似ているが、タカネスミレは葉が丸く光沢がある。

ナエバキスミレは葉の先は角になる。

谷川連峰付近にのみあるらしい。

歩くコースの脇に多く咲いている。 


f:id:mayoiku:20180611210336j:image

ユキザサ属

ユキザサ

花が雪のように見えることからこの名がついてる。

この花も撮影の時にピント合わせが大変だ。


f:id:mayoiku:20180611210351j:image

ツツジ属

ムラサキヤシオ

春を象徴するヤシオツツジの中でも色が鮮やか。

 


f:id:mayoiku:20180611210202j:image

リンドウ属

タテヤマリンドウ

標高も上がってきて、白毛門に近くなった頃。

この後、度々目にすることになる。


f:id:mayoiku:20180611210426j:image

キンポウゲ属

ミヤマキンポウゲ

白毛門手前。

この花も縦走路で度々見かける。

黄色が美しい。


f:id:mayoiku:20180611210219j:image

オウレン属

ミツバオウレン

(右の赤いのはイワカガミ)

白毛門付近

バイカ(梅花)オウレンと花が似ている。

ミツバオウレンは花びらの間が離れてるらしい。


f:id:mayoiku:20180611210149j:image

ガマズミ属

オオカメノキ

落葉低木。葉が亀の形に似てることから名がついてる。

 


f:id:mayoiku:20180611210252j:image

イワカガミ属

ヒメイワカガミ

白毛門付近

ピンクのイワカガミが多いがたまに咲いている。


f:id:mayoiku:20180611210228j:image

モクレン属

タムシバ

落葉小高木。ニオイコブシとも言うらしい。

花には芳香があるとのことだ。香りを確かめれば良かった。

白毛門付近

 


f:id:mayoiku:20180611210238j:image

ミツバオウレンを接写してみた。

良い顔してる。


f:id:mayoiku:20180611210311j:image

タテヤマリンドウ

笠ヶ岳手前

 


f:id:mayoiku:20180611210129j:image

シャクナゲ

笠ヶ岳と朝日岳の間


f:id:mayoiku:20180611210224j:image

ピントが合っていないが、

イチリンソウ属

ヒメイチゲ

直径1cmの花

笠ヶ岳と朝日岳の間


f:id:mayoiku:20180611210321j:image

ミヤマキンバイ


f:id:mayoiku:20180611210120j:image

ウスユキソウ属

ホソバヒナウスユキソウ

 谷川岳付近で見られる、エーデルワイスの親戚


f:id:mayoiku:20180611210327j:image

チングルマ

朝日岳山頂付近


f:id:mayoiku:20180611210442j:image

サクラソウ属

ハクサンコザクラ

この後多くみられるユキワリソウに似ている。

朝日岳のピークを過ぎた雪渓近く。


f:id:mayoiku:20180611210248j:image

サンシュユ属

ゴゼンタチバナ

多く見られるが咲いているのは少しだった。

秋に赤い実をつける。

朝日岳と清水峠の中間


f:id:mayoiku:20180611210410j:image

ツバメオモト属

ツバメオモト

秋に藍色の奇麗な実をつける。


f:id:mayoiku:20180611210346j:image

ウラジロヨウラク


f:id:mayoiku:20180611210437j:image

カタクリ

清水峠手前


f:id:mayoiku:20180611210450j:image

コバイケイソウ

清水峠


f:id:mayoiku:20180611210212j:image

シラネアオイ属

シラネアオイ

直径5センチ~10センチの青紫色の花が美しい。

清水峠過ぎてから。

 


f:id:mayoiku:20180611210206j:image

ラン科ハクサンチドリ属

ハクサンチドリ

これはまだ咲きはじめ。それぞれの花が鳥のように見える。

 


f:id:mayoiku:20180611210432j:image

サクラソウ科ツマトリソウ属

ツマトリソウ

花弁が7枚が特徴。北半球に2種で日本には1種らしい。

翌日、蓬峠をスタートしてすぐに見つけた。

 


f:id:mayoiku:20180611210133j:image

シオガマギク属

ヨツバシオガマ

 


f:id:mayoiku:20180611210422j:image

サクラソウ属

ユキワリソウ

特に西黒尾根を下るときに多かった。

ハクサンコザクラと間違えやすい。



f:id:mayoiku:20180611210157j:image

群れている

ホソバヒナウスユキソウ

 


f:id:mayoiku:20180611210406j:image

ムカシヨモギ属

ミヤマアズマギク

ムカシヨモギ属にはヒメジョオンなども入るらしい。



f:id:mayoiku:20180611210243j:image

ハクサンチドリ


f:id:mayoiku:20180611210233j:image

ショウジョウバカマ属

ショウジョウバカマ

西黒尾根に降り始めた時、笹の中にひっそり咲いていた。


f:id:mayoiku:20180611210141j:image

シソ科

ラショウモンカズラ

名前の由来はこの花を羅生門で切り落とされた鬼女の腕に見立てたらしい。

こわい!こわい!

 


今回の花を調べるにあたって、教えてくれた人もあり感謝したい。

今までのマヨジーなら半分以上は不明なままで終わっていた。

 

おわり