マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

「じいとばあ」に会いに行く

こんにちはマヨジーです。

 

国道254号線、下仁田から佐久へと向かう道の途中に「じいとばあ」というお店がある。

f:id:mayoiku:20180522201756j:image

以前、この店は優しいおじいさんとおばあさんが営業してる店なのだろうと思っていた。

その後、何年も過ぎ、会ったこともないのに2人の長生きを喜んだ。

しかしその後、その店の名前の由来は違うということがわかる。

 

今日はその「じいとばあ」に会いに行こう。

 

彼らに会いに行くには「じいとばあ」の店から約1キロほど下仁田側に戻り、藤井関所跡の脇の道を入る。

f:id:mayoiku:20180522202431j:image

 

国道沿いに数台止められる場所もある。

f:id:mayoiku:20180522202515j:image

 

ここで綺麗な花を見た。

f:id:mayoiku:20180522202538j:image

車を止めた場所に咲いていた。

 

ここから山の中に入ることになる。

御堂山へ向かう林道を約30分ほど歩くと右側に向かう山道へと案内がある。

f:id:mayoiku:20180522202754j:image

 

この先はハイキングコースとして歩きやすいとは言えない。

沢のような道や、木が伸びて枝が邪魔になる場所も多い。

途中、1箇所だけスリルを味わえる場所もある。

f:id:mayoiku:20180522204345j:image

小さな滝がある右側のロープが張られた場所を登る。

 

林道から約30分くらい歩いたところに分岐がある。

f:id:mayoiku:20180522203255j:image

右に進むと御堂山。

ここを左に向かう。

 

大きな岩が現れる。

f:id:mayoiku:20180522203406j:image

岩を右側に回って進む。

 

すると、異様な風景が目に飛び込む。

f:id:mayoiku:20180522203529j:image

直立してる岩だ。

 

ここに「じいとばあ」がある。

f:id:mayoiku:20180522203630j:image

右が「じい」左が「ばあ」

そう、「じいとばあ」とは2つの岩のことだ。

この岩は「じいとばあ」の店のあたりからも見ることができる。

しかし、やはり目の前に現れると、その大きさと存在感に圧倒される。

 

「ばあ」は折れそうだ。

f:id:mayoiku:20180522203939j:image

しかし頑張っている。

 

この「ばあ」を別の方向から見ると

f:id:mayoiku:20180522204034j:image

なんとスリムな体型だ。

 

この「ばあ」を下から見ると

f:id:mayoiku:20180522204226j:image

神々しい!

 

      ◇△▽◯◇▽△◯◇△▽◯

 

西上州の山々では妙義山の洞門や裏妙義の丁須の頭など奇岩に会うことができる。

その中でも、この「じいとばあ」は訪れる人が少ない奇岩の1つだ。

 

おわり