マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

登山用ドリッパーの自作

こんにちはマヨジーです。

 

今日は手作り山グッズの話だ。

 

山でドリップコーヒーを楽しむために何かないかと登山用品店に行ったが、紙フィルターを使うドリッパーの価格は2000円〜3000円くらいかかる。

 

ならば、自分で作れないかとチャレンジしてみた。

参考にしたのは某メーカーのテトラ型に組み立てるもの。

 

作るためにダイソーで厚みが薄いまな板を買ってきた。

そして、早速デザインした。

f:id:mayoiku:20180508180117j:image

 

そして、糸ノコで切った。

f:id:mayoiku:20180508180410j:image

写真の上側の凸の部分を穴に差し込んで止めるのだが、寸法を間違えると組み立てられない。

なので、ここから慎重に合わせる。

 

f:id:mayoiku:20180508180608j:image

空いてる部分と凸部分を少しずつ合わせるように加工する。するとピタッとはまるはずだ。

 

しかし、ちょっと不安なつながり方となったが気にせず行った。

 

f:id:mayoiku:20180508180659j:image

そして、完成。

切り目は雑だが気にしない。

下の接地面はカップの上でズレないように加工してある。

 

やっと待ちに待ったコーヒータイムだ。

f:id:mayoiku:20180508180755j:image

 

紙フィルターを敷きコーヒーを入れてお湯を注いだ。

f:id:mayoiku:20180508180844j:image

 

ところが事件が起きる!

 

f:id:mayoiku:20180508181044j:image

お湯の重みでつながってた部分が外れて崩壊した、

なんてこった!

 

気を取り戻そう!

 

もう1枚まな板を購入したのは正解だった。

f:id:mayoiku:20180508180948j:image

 

f:id:mayoiku:20180508181005j:image

このまな板の方が薄い。

薄い方が柔軟性が生まれる気がする。

 

一般のペーパーフィルターを使うのなら、もう少し深い作りにした方が良かったかも知れない。

 

これでやっとコーヒーを飲めたマヨジーだ。

 

ちなみに、こんな苦労しなくてもコレを使えば簡単だ。

f:id:mayoiku:20180508181446j:image

この軽さは山登りに適してるし、多人数対応もできるのが良い。洗う手間も省ける。

 

 でも手作りは楽しい。

 

おわり