マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

79回目の荒船山

こんにちはマヨジーです。

 

新緑の山が美しくなってきた。

ブログなんか書いてる場合じゃない。

山へ行こう。

 

また、荒船山だ。(79回目)

 

今日の探検は林道行き止まりから奥への道探しだ。

以前、相沢登山口を過ぎて林道をずっと奥まで車で行ったことがあった。

そして行き止まりになってるのを確認した。

でも、あんな奥まで林道があり、地図上では荒船山最高地点の経塚山からも離れてない。

きっと林道奥には隠された登山道があるはずだ!

その秘密の登山道を探しに行こう。

こんな訳も分からない山歩きに役立つのが国土地理院の地図だ!

 

f:id:mayoiku:20180427144458j:image

等高線や岸壁マークが歩く道を探す手助けをしてくれる。

若かりし頃は書店で2.5万分の1地図を購入してたが、今はネットで探しプリントして使ってる。

そして、スマホでの便利地図かジオクラフィカだ。

f:id:mayoiku:20180427144516j:image

 

今日もマヨジーのスマホの中でジオクラフィカは活躍した。

便利なのが前もって使う地域の地図を表示しておけば通信が途絶えても表示されることだ。

 

さて、林道の奥に進もう。

f:id:mayoiku:20180427144545j:image

ジオクラフィカで現在地を確認する。林道を進んでるのだが国土地理院の地図にはこの林道は表示されてない。

そんな林道だが、地元の人たちの車は通ってるようなので、車でもある程度は進める。

 

f:id:mayoiku:20180427144807j:image

しかし、落石があるので注意が必要だ。

 

f:id:mayoiku:20180427144854j:image

林道終点に着いた。

ここからが本番だ。

 

f:id:mayoiku:20180427144932j:image

マヨジーの動物的勘を働かせると林道左側に人が以前歩いたと思われる道が続いてる。

これだ!

歩き通してもいないのに喜ぶマヨジーだ。

 

f:id:mayoiku:20180427145133j:image

しかし、この辺りで不確かな感じになる。

前方には確かな道らしいものは見当たらない。

前にある尾根の凹んだ部分が気になる。

その向こうに誘われてる気がした。

地図では左側の斜面には崖マーク。

そこから反対側に抜けられると思われたのがこの凹んだ部分だ。

 

f:id:mayoiku:20180427145558j:image

進む前にケルンを作っておいた。

マヨジーが遭難したらケルンを見て救出してくれるかもしれない。

 

f:id:mayoiku:20180427145721j:image

乗り越えた反対側は急だった。

なんとか通れた。

 

そして、なんとなく人が歩いたかもしれない道を進んだ。(ここからはあくまでも想像だ)

 

おそらく、その想像が合ってたのだろう。

f:id:mayoiku:20180427150011j:image

穴を見つけた。

 

f:id:mayoiku:20180427150031j:image

中には人の手で積み上げられた痕跡がある。

地図では、もう登山道のある尾根に近い。

 

f:id:mayoiku:20180427150140j:image

この急斜面を登って登山道に出た。

 

f:id:mayoiku:20180427150218j:image

登山道で迎えてくれたミツバツチグリとスミレ

 

f:id:mayoiku:20180427150254j:image

これはエイザンスミレだと思う。

 

f:id:mayoiku:20180427150329j:image

経塚山を越えて着いた艫岩でランチにした。今日はマフィンにシーチキンとマヨネーズを挟んで食べた。

北アルプスの方までかすかに見えて美味しいコーヒーを飲んだ。

 

今回の登山道探しの結論から言うと、登山道ではないものの、山で働く人たちが昔は歩いてたコースだと思われた。

何回も荒船山のバリルートを歩いてるが、危険度から考えると低い。

ちゃんと整備すれば登山道になりうるコースだと思う。

 

今回のルートは下の地図参照。

登りは一般登山道でないので地図読みが必要。

 

おわり