マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

日本縦断その26(8/15~8/17)徒歩日本縦断の人と遭遇

こんにちはマヨジーです。

 

札幌から宗谷岬の間は実はマヨ坊が前年(1979年)歩いてみたコースだった。

だから、精神的に楽だ。日本縦断は手に入れたようなもんだ。

 

 (注:この区間にあった鉄道は今は廃線になっている。だから駅と表現しているが現在は駅跡となっている。)

 

1980年8月15(金)

 夜降った雨があがって6時過ぎに歩き出した。

 

9時4分 東幌糠駅

一人のサイクリストと会って話した。

彼は今日は小樽スタートでなんと稚内に向かうという200km以上はある。

 

11時 藤山駅 買い物

駅前の商店でお米を買おうとしたが、マヨ坊が希望する少量だとダメだと売ってくれなかった。米屋で米を買えなかったのは初めてだった。

 

その後、昼休憩をして

17時15分 臼谷駅 

ここに来る前の大和田駅ではお米を買えた。

家で食べているものを分けて販売してくれた。

その後、歩いているときに道の反対側から同じような大型ザックを背負っている人が現れた。

顔を合わせてニッコリ。

道路の反対側だった彼が渡って来た。

 

話をすると、彼は広島の人で宗谷岬を出発して、この後京都まで歩くとのことだった。

実は彼は前年に京都方下関まで歩いている。

つまり、日本縦断をわけて歩いている。

今回、京都まで歩いた後九州に向かうとのことだ。

進行方向が逆だからこそ会えたのかもしれない。

30分以上日本縦断の話をして記念撮影(彼のカメラで)

f:id:mayoiku:20180324022651j:image

 

 

この夜、ラジオではオホーツク海沿いの内陸部では最低気温7度くらい、最高気温も20度以下の日が続くだろうと注意を喚起していた。

 

駅で寝ていたが寒かったので夜中にテントを張って寝た。

 

8月16日(土)

前日の予報通りに冷えた。

九州からスタートして一番の冷え込みだ。

 

6時前に歩き出す。

 

7時52分 富岡

風が強くて寒さが増す。

 

9時43分 鬼鹿で買い物

 

10時56分 力昼駅

昼食

 

15時 苫前の町を通りすぎて栄浜

羽幌まで行こうと決心して、さらに前に進む。

 

16時30分 羽幌の町

17時 民宿よこ山 ここでお風呂に入らせてもらう。

ここの風呂はニシン風呂と言って鉄の釜でできている。

この釜でニシンを煮るのだろう。

マヨ坊は煮ても美味しくない。

出る間際に風呂代を払おうとしたら無料にしてくれた。

泊まらずに風呂だけでしかも無料にしてもらうなんて、なんて良い人だと感じた。

 

風呂の後は目の前の海岸に移動してテントを立てた。

寝る支度をしてると近くのテントから呼ばれた。

高校の天文学部OBたちの集まりで、ジンギスカンとビールをごちそうになってしまった。

 

8月17日(日)

 

ちょっと疲れが残っていたが前に進む。

10時47分 初山別駅

駅職員の人から水をもらい休憩。

 

14時10分 豊岬駅

 

16時20分 歌越駅

道路を渡った家で水をもらった。

赤い色がついているが飲めるとのことだ。

ここで泊まる。

このところ1日のペースは40㎞くらいだ。

風景があまり変わらない北海道はひたすら歩くだけだ。

 

 

 

 

 

おわり