マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

日本縦断その20(7/28~7/30)象潟で温泉

こんにちはマヨジーです。

 

波にさらわれることなく生き残ったマヨ坊は元気に歩いた。

 

 

1980年7月28日(月)

 

6時に歩き出した。

歩き出してしばらくすると、スイカ売りのおばさんに黄色いメロンをもらった。

歩きながら食べた。手はべとべとだ!

交番にて水道を借りて洗った。

 

8時5分 吹浦(ふくら)駅

9時50分 県境あたり。

ここでも別のサイクリングの人と会う。九州四国をまわってここまで来たそうだ。

 

11時15分 小砂川駅。さらに別のサイクリングの人と会って、ここでお昼を食べる事にした。

彼の話は面白かった。

 

彼は無人の山小屋に泊まった時の話では、着いたら寝てる人がいたので起こさずに寝て、翌日も寝てたので下山したら、それは死体だったということを後で知ったとか・

富士山で落石にあったり、山の中でこっそり開墾して生活してしまったとか・・・

 

彼はツツガムシについても話していた。

この先の東北地方では川にいるから入らない方がいいらしい。

 

あっという間に時は過ぎ彼は去っていった。

そして、マヨ坊も歩く。

 

16時15分 象潟の天然記念物

f:id:mayoiku:20180316004658j:image

 

16時57分 国民宿舎はまなす荘

温泉に入れると知って寄った。(120円)

塩味の温泉だった。

 

18時頃 近くの海岸に移動してテントを張った。

風呂に入るともう歩く気がしない。

 

7月29日(木)

 

夜からの雨が続いてた。

6時前に歩き出し、金浦駅、仁賀保駅を通過してる時に昨日の面白い話のサイクリングの人に追いつかれた。どうやら途中でマヨ坊が彼を追い越していたらしい。

彼は風邪をこじらせ調子が悪いと言っていた。少し歩きながら話をした後、五城目街道の方へと行くと言って去っていった。

 

雨が上がり、昨夜国民宿舎で洗濯しておいたものをザックからぶら下げた。

晴れればこっちのもんだ!

 

10時26分 本庄大橋を過ぎて食料品店にて買い物をした。この国道沿いには店が少ない。

 

途中、松林の木陰で昼を食べた。日差しがきつくなってきている。

 

17時55分 道川の海水浴場

設備のしっかりした海水浴場だった。砂地も広くてテントも張りやすい。

夕焼けを見ながら食事を食べた。

明日は秋田県入りだ。

 

7月30日(水)

朝から冷え込む。

夏用シュラフにTシャツでは寒かった。

 

8時10分 秋田市のとある滝

このあたりの駅は駅舎に喫茶店や食堂がある。(無人駅の管理をしてるのかも)

 

10時40分 秋田市市役所

市役所内にお湯があったので入れた。

 

その後神社で昼をすごした。

 

17時 追分駅より先の男潟の博物館の前。

ここでガードマンの人にしぶしぶ泊まる許可をもらった。

 今日は街中を歩いたせいか疲れた。

 

 

 

 

おわり