マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

アリゾナトレイル関連その3(食料)

こんにちはマヨジーです。

 

今回はアリゾナトレイルでの食料についての記事になる。

 

 

まずは日本から用意した食料た。

 下の写真は1週間分。

 f:id:mayoiku:20180125025021j:image

味噌汁、カロリーメイト、アルファ米、乾燥野菜、高野豆腐の粉末などだ。

高野豆腐の粉末は重さに対してのカロリーか高い。お湯に入れて火を通すと膨らむ。

そこに例えばカレー粉を入れるとカレーのような感じになる。

これはアリゾナに行く前に日本で試してみた。

f:id:mayoiku:20180125030057j:image

少し火を通して加熱しないとパサパサ感が残るので注意が必要だ。

 

納豆ポリポリはお菓子だ。納豆を乾燥させたもの。

いざとなったら納豆ご飯になると思い持った。

 

f:id:mayoiku:20180125140336j:plain

これだけは外せない一品。大きいのだと開封してしまうと暑さで分離してしまうので50gサイズを準備した。カロリーもあるしタンパク質も摂れる。ただ多く買おうとするとお店の在庫が少ないので注意が必要。

まさかジジイが大量買いするとは思ってないだろう。

 

ちなみにアメリカのマヨネーズは砂糖が入ってたり、味が薄かったり、酸味にかけてたりする。

日本のマヨネーズは酸味と塩分と油分のバランスがいい。“濃い”という感じがする。それはマヨジーの人生が日本のマヨネーズ漬けになっているから感じることかも知れないが・・

 

約一カ月分の食料をダンボールに詰めた。

f:id:mayoiku:20180125025647j:image

ダンボールは丈夫なミカン箱。アリゾナの郵便局を旅することとなる。

好きな米菓子も加えた。おせんべいはおにぎりより効率よくエネルギーになると何かの本で読んだ。

 

f:id:mayoiku:20180125140942j:plain

 背負うザックが一つ、別に2つの袋は食料だ。

トトロの絵は自分で書いた。荷物を分かりやすくするのとトレイルネームをトトロに決めたためだ。空港の荷物受取所のレーンにトトロが流れてきた時は嬉しくなった。

 

調理に使ったのはアルコールストーブだ。

アルコールストーブはコーヒー缶を工作して作ったものもあるが、長旅には強度的に不安があるのでエバニューのを購入した。チタン製で満足してる。

f:id:mayoiku:20180125145956j:image

燃料を日本から持って行くことはできないので、Auto Parts Shop(カー用品店)でHEETという水抜き剤を買った、しかし一度ふたを開けると漏れやすくなるので写真左の赤いボトルをFlagstaffの中古スポーツ用品店で手に入れて利用した。HEETは1本(355ml)で1日に500mlのお湯を1週間沸かせた。ドラッグストアでもアルコールを売ってたので試してみたが、火の点きが良くなかった。アルコールの純度の違いだろう。

 

ちなみに風除けは手作りだ。ホームセンターで売ってるアルミ板を風が来ないように高さを調整してから切って、さらにアルミ板の切り口でケガをしないように端を数ミリ折ってあるだけの簡単なもの。ハサミで切って作れるし約30gと軽い。アルミ板は0.5mm厚くらいのもので一枚1000円以下なので安く、何個も作れるから売ってる風防を買うのはバカらしい気がする。コッヘルの周りに巻いて袋に収納する。ガススト―ブ用、アルコールストーブ用と何個も作ったが、まだアルミ板は残っている。

 

持って行った食料とは別に現地調達もした。

主に行動食だ。

f:id:mayoiku:20180125141452j:plain

エナジーバーやナッツやラーメンなどを主に買い求めた。ナッツ類は日本よりは安い。エナジーバーは種類が豊富だ。何本か入って箱で売ってたりもする。ただ甘すぎる気がしたので買うときは裏面のSugerの量が6g以下くらいのものを選ぶようにした。

なぜアメリカの食べ物は砂糖が多く入ってるのだろう。マヨネーズにも砂糖が入ってたりする。

 

 インスタントラーメンはどこでも売ってるが、入ってるスープの味が日本とは違っていていまいち美味しくなかった。

そんな時に持っていった粉末味噌汁「あさげ」が役に立った。美味しい味噌ラーメンの出来上がりだ!

 

f:id:mayoiku:20180125143105j:image

これは甘すぎずソフトな食感で美味しかった。

 

f:id:mayoiku:20180125142011j:plain

FlagstaffにあったSproutsというグロサリーストア(日本で言うスーパー)がお気に入りになった。有機食品などを揃えてる、同じような有機食品を揃えるホールフーズより価格的に安いので地元で人気があった。

 

f:id:mayoiku:20180125140815j:plain

高いが日本食も少し置いてある。

 

f:id:mayoiku:20180125142215j:plain

干し椎茸や海苔なども置いてある。

 

ただ、小さな田舎町には大きなグロサリーストアは期待できない。

Pineの街のグロサリーストアは小さく惣菜などは置いてなかった。

ガソリンスタンドに併設されたコンビニなどではサンドイッチみたいなものを購入できるが高い。

全体的にアメリカの物価の高さを感じることが多かった。

 あと、お店のタイプにより客層が大きく変わる気がする。

ホールフーズやSproutsなどでは白人が多く、身なりもきちんとしていて細身の人が多い。

逆にダラーストアやウォルマートなどは低所得者といった身なりで太ってる人が多い客層になる。

 

日本からわざわざ持って行った食料はマヨジーにとって価値があった。

食う、飲む、寝るどうするかを考えるのがロングトレイルだ。人それぞれの価値観でその選択肢は異なる。

ロングトレイルを歩くことで自分の価値観を改めて見直せてる気がした。

 

おわり