マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

アリゾナトレイル21日目(レンジャーステーションで水を補給)

こんにちはマヨジーです。

 

風もあって寒かった。

f:id:mayoiku:20180121020646j:plain

うっすらと雪が積もってた。

テントを撤収したところ。

 

f:id:mayoiku:20180121020656j:plain

 寒い中を歩き出した。

自撮りは、進んで戻って回収。

雪が溶けてくると靴底に湿った土が貼りついた。

 

f:id:mayoiku:20180121020712j:plain

 砂利道、歩き辛い。

 

 

f:id:mayoiku:20180121020721j:plain

 松ぼっくりの道。風が強く吹いた後だったから多く落ちてた。

 

f:id:mayoiku:20180121020736j:plain

 寒くても頑張ってる花。マヨジーも寒くても頑張るぞ!

 

f:id:mayoiku:20180121020758j:plain

 ずっと寒い中を歩く。途中、曲がるべきところを間違えて1キロくらいのロスをしてしまった。まだマヨジーはボケるには早い。頑張れ!

 

f:id:mayoiku:20180121020809j:plain

健気な感じで咲いていた。 

 

f:id:mayoiku:20180121020844j:plain

 州道に出た後1キロくらい歩いてレンジャーステーションに来た。

ここでは水が補給できるはずだ。

 

f:id:mayoiku:20180121021215j:plain

レンジャーステーション内の人に挨拶して教えてもらった水場。

ここにいた人たちは感じがよくて優しかった。水を補給してる間にも帰ってきたレンジャーが北?南?どちらに向かってるのか?と声をかけてきた。

ここで水4リットルを入れる。蛇口をひねるとすごい勢いで水が出てズボンを濡らした。日本の水道の蛇口を想像してると危ない。

 

 トイレを借りてから、来た道1キロくらいを戻りトレイル戻った。

 

f:id:mayoiku:20180121020851j:plain

州道を歩きトレイルヘッドに戻った。

 

f:id:mayoiku:20180121020904j:plain

 ここにもレジスター(登山届けみたいなもの)があった。

 

f:id:mayoiku:20180121105049j:plain

Destination(目的地)を見るとUTAH.Grand Canyon.Flagstaff など北上する人がほとんど。中にはWeekendとも書かれてるが、これは週末ハイカーかな?

 

f:id:mayoiku:20180121020919j:plain

 キャンプ場があるが、まだ営業してない。

トイレもロックされて、水も出ない。

この後歩き出してから、3人の人とすれ違う。

 

1人はマウンテンバイク。

2人はアリゾナトレイルのスルーハイカーだった。

1人の40代くらいのスルーハイカーと話すと、彼は厚木基地に5年間いたことがあると言う。

トレイルネームはSatori{悟り)しかし日本語は話せなかった。

彼は「この先に渡渉があるよ」と教えてくれた。

彼の足元を見るとボロボロのジョギングシューズ。しかも両足とも破れて穴が空いてる。他のハイカーもハイキングシューズよりはジョギングシューズみたいなものを履いてる人が多かった。

厚木にまた行きたいんだ‥と話す彼と別れて前に進んだ。

 

その後、登りのハイキングコースになり水で重くなった荷物がきつかった。

小雪がちらつく中、キャンプ地を見つけてテントを張る。

 

f:id:mayoiku:20180121020936j:plain

 早めの食事の後寒さが押し寄せてきた。

 

暗くなると早くもテントに霜が付き出した。

今日は25キロを歩いた。

 

おわり