マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

アリゾナトレイル20日目(トリプルクラウンと会う)

こんにちはマヨジーです。

 

寒さで目が覚めた。

f:id:mayoiku:20180120123718j:plain

Flagstaffからこの場所までは標高2000メートルから2300メートルの間を歩いてる。

雪解けの湿った道だ。

寒いが松の森は気持ちがいい。

 

f:id:mayoiku:20180120123731j:plain

凍ってる。寒いはずだ。

歩くとバリバリと音がする。

 

f:id:mayoiku:20180120123740j:plain

 池がある。一見綺麗な水。

 

f:id:mayoiku:20180120123750j:plain

 茶色い。この水の色には慣れた。

  

f:id:mayoiku:20180120123808j:plain

 砂糖は10クラム以下。日本でも売ってるCLIFというメーカーのもの。

普通に食べられた。

 

f:id:mayoiku:20180120123827j:plain

風が強いが天気はまずまず。

  

f:id:mayoiku:20180120123835j:plain

 この木は不自然に囲ってある。この中でビバークできそうだ。

 

f:id:mayoiku:20180120123846j:plain

明るいひらけた場所に出た。 風がさらに強くなってきた。

天気予報でも寒くなるという予報だったので当たりそうだ。

 

f:id:mayoiku:20180120123854j:plain

 桜のような優しい花。

 

f:id:mayoiku:20180120123904j:plain

 黄色が美しい。

 

f:id:mayoiku:20180120123915j:plain

 春を告げようとしてる気がした。

 

f:id:mayoiku:20180120123926j:plain

 Pine Springのトレイルヘッドに着いた。

 

f:id:mayoiku:20180120123934j:plain

このバーは砂糖が6gだから買ったのに甘すぎる!

 

f:id:mayoiku:20180120123942j:plain

 裏面を見るとシュガーアルコール16gというのが気になる。このせいで甘いのかもしれない。

 

f:id:mayoiku:20180120123950j:plain

 Bisonのフード。クランベリー入り。

ビーフジャーキーに近い味だった。

 

f:id:mayoiku:20180120124002j:plain

 倒れてた木に腰掛けて休んでたらトカゲが近くにいた。アメリカのトカゲは野生感にあふれてる。木の小さな穴はキツツキのせいだろう。

 

f:id:mayoiku:20180120124013j:plain

 山火事があった場所。

比較的新しい。

 

f:id:mayoiku:20180120124022j:plain

 何故、日本よりも骨をよく見るのだろう?

 

f:id:mayoiku:20180120124032j:plain

 午後、前方から来たハイカーと話す。

なんと彼はPCT(パシフィック クレスト トレイル)AT[アパラチアントレイル)CDT{コンチネンタル ディバイド トレイル)を歩いたトリプルクラウンだった。

彼がPCTを歩いたドキュメンタリーがDVDとして出てるという。

日本の相模原にいたことがあると言う。

自分がツェルトを張って寝てるんだというと日本語で「めんどくさいね」と答えてくれた。

三大トレイルを歩いて次は何しようかと考えてアリゾナトレイルに来たそうだ。

彼にも熊から食料を守るにはどうしてる?と聞いたら

「テントの中に置いてる。PCTでも問題なかった。CDTで木からぶら下げて熊が守ろうとしたが熊に取られた」と言っていた。

そして「今、PCTではレギュレーションが厳しいからベアキャニスターを持たないといけないんだよね」と。

 

マヨジーなりに思ったのは、食料をテントの中に入れておくと食料目当てで来た熊が、食料の匂いのあるテントを襲う前に人間の匂いに気がついて襲わないのではないか?と‥

以前、出会ったPCTハイカーもテントの中に食料を入れてたけど問題なかったと言ってた。

逆に木からぶら下げて熊が手の届かないように工夫しても、熊は人間の匂いのない食べ物を奪いやすいと感じるのではないかと。

熊はきっと賢い。

 

Tikka(彼のトレイルネーム)と立ち話を30分くらいして別れた。南下することで出会いが多くなる気がした。

多くのハイカーは北上してる

ロングトレイルでの出会いは面白い。

 

f:id:mayoiku:20180120124043j:plain

 風が強い中、比較的避けられそうな場所を探してキャンプ地とした。

 

f:id:mayoiku:20180120124053j:plain

松の木の下に落ちてる芯の部分に火をつけると松の香りがして癒された。

 

夜中にものすごい風が吹き荒れた。

あらかじめ岩で補強したテントは倒れなかった。

 

おわり