マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

アリゾナトレイル1日目(Superiorより)

 

こんにちは

 

マヨジーです。

 

今回はSuperiorの町からトレイルヘッドに入った続きです。

 

Superiorの町から歩く途中Kサークルというコンビニに寄った。

ここに着いたのが11時半頃。なのでパンとコーラで昼食。でも、それだけで8💲以上かかる。でも腹も満足したのでトレイルヘッドへ向かった。

トレイルヘッドから入ると柵がある。

f:id:mayoiku:20180107012514j:plain

牧場の中を通るので柵を開けて閉める。

こうした柵はこの後何回も遭遇した。

f:id:mayoiku:20180107012820j:plain

このアリゾナトレイルのマークを進む。

f:id:mayoiku:20180107013203j:plain

牧場のような場所を歩く。だから、牛のフンがところどころ落ちてる。

自然の中の登山道みたいなものを想像してると裏切られる。

f:id:mayoiku:20180107013649j:plain

いきなり骨が‥牛だろうか?

f:id:mayoiku:20180107013713j:plain

トレイルはところどころにケルンが積まれてるのでわかりやすい。

f:id:mayoiku:20180107013737j:plain

古代人の住居跡か?

おそらく、入植者の名残だろう。

f:id:mayoiku:20180107013807j:plain

住居跡の近くには川もあったので、ここに泊まることにした。(3時過ぎ)

 

アリゾナの砂漠を想像してたのだが、ちゃんとした雨が降り続いた。

なんだか拍子抜けの1日目。

 

テントを立てて、食事をした後クマ対策として高い木を見つけて(5メートル以上)食料をぶら下げた。

マヨジー初のクマ対策。我ながらよく出来たと満足してテント(ツェルト)の中へ

f:id:mayoiku:20180107015041j:plain

外は雨だが、このファイントラックツェルトの中は快適だ。

横にザックを置いて寝ることが可能。

だが、夜の寒さはハンパ無かった。

 

おわり