マヨジーが行く

マヨジーが行く

マヨネーズ好きのじいさんが体験したことをあれやこれやと記録します。

ハイキング

今にも崩れそうな大黒岩から大烏帽子

こんにちはマヨジーです。 おやおや可愛いい猫が何かに夢中になってるぞ! 抱いているのは今回の山で拾ってきた鹿の角だ。 どうやら犬や猫は鹿の角が好きらしい。 2月26日 花粉が増えてきた山に行ってきた。 大黒岩と呼ばれるその岩は尾根上に顔があるように…

荒船山の氷瀑

荒船山の東側斜面にある氷瀑はアイスクライマーくらいしか来ないが、見るだけでも見事な氷瀑だ。 山と高原地図上では相沢奥壁氷瀑群と犬殺しの氷瀑が表示されている。

手彫りトンネルを越えて氷瀑めぐり(トヤ山)

荒船山近くにトヤ山という山がある。 荒船湖から奥へ進むと手堀りトンネルがあるらしい。 そのトンネルを越えてトヤ山へは東電の巡視路を使えるらしいという情報を得た。 さっそく藪岩仲間HさんとKさんと行ってきた。

西上州のラクダのコブ 鹿岳

落沢という付近に走っている本宿陥没の壁あたりから登ることになる。 このあたりの地形は等高線が入り乱れていて面白い。 果たしてどんな景色が待ち受けているのだろう。

下仁田の根無し山 四ツ又山

前回出かけた小沢岳はマッターホルンに似ていたが、今回は4つのピークを持つ山だ。 ピークが四つあるそのギザギザから四ツ又山という名前になったらしい。

西上州のマッターホルン小沢岳

西上州にはマッターホルンに似た山が多い。 昨年行った大ナゲシも似ているが、他にも大岩・碧岩などある。 今回、向かったのは小沢岳という山だ。

新春初薮岩登りは落沢岳としれいた山

前回背負ったザックに思いを込めて字を入れた。 藪岩を大好きだという思いだ。 そのザックを背負って行ったのが落沢岳としれいた山だ。

烏帽子岳北西稜から北稜

この稜線に行きたいと思ったのは烏帽子岳に登ったことがなかったこと、そしてヤマレコで見た北西陵上での景色に魅力を感じたからだ。

薮岩魂のその奥へ(大ナゲシをさらに好きになった)

こんにちはマヨジーです。 前回、大ナゲシ北稜へ行った後から気になってたルートがある。 それが北東稜といわれるルートだ。 前回の北稜のルートについては下記参照 www.mayoji.com 右陵左陵 この北東稜は「薮岩魂」の本の中で触れられている。 作者 打田 鍈…

名著「藪岩魂」のあこがれの大ナゲシ北稜へ

温泉三昧でお気軽登山をしていたマヨジーが今回は真剣に向かい合う登山となった。 それが大ナゲシ北稜だ。

那須の秘湯・三斗小屋温泉

先週の広河原の湯に続いて、今週は那須の秘湯「三斗小屋温泉」へと行ってきた。広河原は秘湯感満載の何もない場所だったが、今回はちゃんと旅館がある。

秘湯中の秘湯へ

11月になって秘湯ハンター活動が滞ってる。このままでは寒くなるだけだ。 それではいけないと思い出して行ったのが広河原の湯だ。

秘湯ハンターが行く(本沢温泉)

こんにちはマヨジーです。 10/23に白馬鑓温泉を制覇したが、1日空けて次の温泉に向かった。 この温泉に行くのに笠ヶ岳で1人ビバーク体験をしたHさんを誘ったら、後で「エッチ〜」と返信があった。実は本沢温泉の露天風呂は混浴だ。 日頃、マヨジーは女性と一…

秘湯ハンターが行く(白馬鑓温泉)

今回は秘湯ハンターとなったマヨジーだ。 その1弾 白馬鑓温泉に行ってきた。 実はこの白馬鑓温泉を訪れるのは今年3度目だ。

秘湯ハンターになろう!

前回行った秘湯赤湯温泉(苗場山)での露天風呂が良かった為、温泉を追い求めるマヨジーになった。秘湯ハンター・マヨジーの登場だ。

赤湯温泉から紅葉の苗場山

苗場山にはいろんなコースがあるが、その中でも面白いと思ったルートが赤湯温泉から回る周回ルートだ。赤湯温泉は苗場スキー場の奥にあるランプの宿として有名な温泉だ。

不帰ノ嶮(かえらずのけん)

白馬岳の滑落した場所には再訪したいと思っていた。 行きたかった不帰ノ嶮を絡めて道を辿った。

通行止め登山道でビバーク⁉︎

1人で南アルプス行こうとしていたが天気が悪そうだ。そんなところにHさんからのお誘い。 Mさんとテント泊登山に行くという。 そちらの方が天気が良さそうだと思い彼女達に同行をお願いした。

日本三大急登

日本三大急登とは甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、谷川岳の西黒尾根、そして烏帽子岳のブナ立尾根だ。

真っ赤っか

台風のせいで天気が不安定だったが、少しだけ西上州の山をハイキングした。 目指したのは秋葉(あきや)山。

瑞牆山のカンマンボロン

約1200年前に弘法大師が零場選定の為に来て大きな洞窟の下にカンマンボロンという梵字(ぼんじ)を刻んだ岩がある。今回はそのカンマンボロンを探すルートを取った。

ロングトレイルで使うテント

今回試したのはヘリテイジ、クロスオーバードームfだ。 場所は甲斐駒ケ岳泉水小屋のテン場。

白馬散々(雪渓に挟まる)

登山に行くと写真を撮って来るが、今回は写真は無い。 なぜなら登山でスマホを壊してしまったからだ。 でも、壊れたのがスマホだけで良かった。

高尾山より1メートル低い山、西上州・鍬柄岳(石尊山)

鍬柄岳(くわがらだけ、標高598メートル)は高尾山と標高1メートルだけしか違わない、駅から登れる山という意味では高尾山と同じ、神様としての存在感もあり、山頂から望める展望も高尾山に負けない。なんだか似てる・・

南八ヶ岳(権現岳)の花たち(2018.6.22)

前回の南八ヶ岳の3日後、同じく南八ヶ岳の権現岳に行ってきた。観音平から入り青年小屋を通る人気のコースだ。

南八ヶ岳(硫黄岳から阿弥陀岳の稜線)の花たち(2018.6.19)

梅雨の時期までは稜線に花が多いらしい。 高山の花を勉強中のマヨジーにとって、この時期の晴れ間は貴重だ。

谷川岳馬蹄形の花たち

高山の花をネットや図鑑で調べるものの、分からなかったり、間違っておぼえてたりとした。 花の名前をすぐに言える人はカッコいい! マヨジーもそうなりたい。

谷川岳馬蹄形で試したテント

試したテントはJuza Field Gear Light and Easy Sheiter Dx だ。軽量さが魅力だ

谷川岳ハイキングでの食事

7日から8日にかけて谷川岳馬蹄形ハイキングをしてきた。とても天気に恵まれた、というより暑かった。谷川岳は夏のようだった。

谷川岳ハイキングの準備

よし!谷川岳に行こう! そして、どうせ行くなら以前から歩きたかった馬蹄形という周回ルートを歩こう!